有名な軽食でも 後人が創始したこともある――「盲公丸」(モウコウワン)

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)

広州食ルポ その二十九

〜仏山軽食 盲公丸〜

 

広東語では「盲公」は男性盲人という意味だが、実は「盲公丸」は男性盲人で作って名付けるものではない。

清朝の末では、広東仏山で陳という人が肉団子の制作にとても上手で、さらに肉団子と組み合わせるために、いいスープを作った。その技芸も後人に伝承されているが、四代目の人はその技芸の上に革新し、魚肉、豚肉、鶏肉をある比例で混ぜ、新しい肉団子を作り上げた。また、グルメたちが目隠しの方式で試食するので、その肉団子は「盲公丸」と名付けられた。

 

盲公丸

撮影:黄燕

 

普通の肉団子が丸くて小さいが、「盲公丸」は楕円の形で、かなり一倍ぐらい大きく、正直というと、四個ぐらい食べると、お腹がほぼいっぱいになる。でも、食べると、肉団子も歯ざわりがいいし、魚の生臭いもあまりないし、味がなかなかよく、そしてスープも比較的に薄味で、かなり肉団子に似合うと考えている。「盲公丸」は2000年後創始されたものであるが、十数年でそんなに有名になるのは本当にすごいと思う。

 

資料引用元:
http://static.nfapp.southcn.com/content/201704/14/c370366.html

http://www.fsonline.com.cn/p/230165.html

 

筆者:黄燕

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。