香港の整った雇用制度

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

香港の中上層部の家庭では、家政婦を雇う習慣がある。彼らに炊飯、洗濯、清掃などの仕事を手配する。裕福な家庭の分業はさらにきめ細かく、それぞれの家政婦がご飯を炊いたり、掃除や園芸をしたり、子供の世話をしたりする。またひとりのプライベート執事を雇って家政婦を管理したりする。2016年末までに、香港の外国人の家政婦の数は34万1000人に達し、全体の労働力の9%近くを占めている。このうち、48%のフィリピン出身の人、49.4%のインドネシア人、1.3%のタイ人が含まれている。

 


画像引用元:https://baike.baidu.com/item/菲律宾女佣/7888804?fr=aladdin

 

香港では、地元の住民は家庭の収入が月1万5千香港ドル以上のであることを政府に証明できれば、政府が外国人の家政婦の雇用ビザの要件を満たしている。契約は2年で、政府の決まった月収は4310香港ドルで、雇い主は同時に無料宿泊と食事を提供し、あるいは毎月1037香港元以上の食事手当を提供しなければならない。また、雇い主は2年分の商業保険を購入し、家政婦に無料医療サービスを提供する。外来診療や入院、歯科の救急診療を含めている。休暇の方面で、フィリピンの家政婦は周に1日の休日と公衆休暇を除いて、香港で働く最初の2年は7日の有給の休暇があり、それから毎年増加し、14日まで増加するまでである。契約が終了した時点で、雇い主は、往復旅費(航空料、食事及び交通手当を含む)を支払う。

香港政府は、香港での家政婦の権益保障に努めている。雇い主はもし、賃金の支払いに遅れ、法定の休日及び年休暇の無視、不法解雇などの規定に違反したら、家政婦への金銭的な補償のほか、刑事犯罪に触れることで検訴される。

また、香港の家政婦の雇用センターは多く、すべての合法的な雇用センターは労働所と香港政府管理させる。

 

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/157945179_707638
https://zhidao.baidu.com/question/523032266445564365.html

 

筆者:钟珮瑜

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。