中国から日本に行く時、中国の空港使用ランキング

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

中国から日本に行く時、中国の空港使用ランキング

 

中国民航総局のデータによると、2017年大陸空港旅客輸送量のデータ统计別ランキングはそれぞれ北京首都国際空港と上海の浦東国際空港、広州白雲空港、成都双流国際空港や深圳の寶安国際空港、昆明国際空港、上海虹桥空港、西安咸陽国際空港、重慶江北空港と杭州蕭山国際空港。しかし、中国から日本に行く時、どの空港が一番使われいるか。空港の利用率のランキングはどうなっているか。

 


画像引用元:https://bbs.feeyo.com/thread-6004815-1-1.html

 

一番よく使われている空港は上海の浦東国際空港である。上海浦東国際空港は上海長江にある入海口南岸の浜海地帯に位置しています。50平方キロメートルを占め、上海の中心から約30キロ離れて、虹橋空港から約40キロ、4 F級の国際航空港である。中国(港、マカオ、台湾を含む)の3大国際空港の一つで、北京の首都国際空港、香港国際空港と並んで、中国の3大国際空港となっている。浦東国際空港の飛行機は上海空港全体の6割前後を占め、国際観光客の飲み込み量は中国の空港でトップで、郵便物は世界の空港第3位となっています。

二位に占めているのは広州の白雲空港だ。広州白雲国際空港は2004年08月05日に建てられました。中国の3大航空の中枢空港の一つで、空港のレベルが4 Fで、中国の民用空港の配置の中で重要な地位を持っている。白雲空港は33社の航空会社と業務の往来があり、すでに110本以上の航路が開通し、国内外で100の都市を通じて、機種の30種類近くを確保している。上のグラフによると、白雲空港から日本への航路は2位になっている見込みだと思っている。

二位に占めているのは北京首都国際空港だと考えられる。首都国際空港は中国の地理的位置が最も重要で、規模が最大で、設備が最も完備していて、輸送生産の最も多忙な国際航空港である。

 

資料引用元:
https://bbs.feeyo.com/thread-6004815-1-1.html
http://k.sina.com.cn/article_2077491865_7bd40299001002iwv.html?cre=newspagepc&mod=f&loc=4&r=9&doct=0&rfunc=27
https://baike.baidu.com/item/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%8D%81%E5%A4%A7%E6%9C%BA%E5%9C%BA/695852?fr=aladdin

 

筆者:钟珮瑜

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。