シャオミー旗艦店

(この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。)

2017年11月5日、世界初のシャオミー旗艦店が深センで正式に開かれた。今回開業したシャオミー旗艦店は650平方メートルを占めているという。

 

シャオミー旗艦店の実店舗のデザインスタイルは、全体的にApple社のと似ており、全ガラス構造を採用し、レイアウトや色にも親しみやすいデザイン理念が表れている。そして、それは2階建てである。階下では携帯電話、テレビ、スマートハードウェアなどを体験することができる。その一方、階上は生活に向かっており、そこではスマート家財、生活製品を体験することができる。

 

画像引用元:https://www.williamlong.info/archives/5147.html

 

また、深センのシャオミー旗艦店は1つのインタラクティブなショッピングスクリーンを増加した。そのスクリーンは5つの80インチのスクリーンから構成され、ユーザーの移動を追跡することができる。顧客が手振りで操作することによって、大きいスクリーンの中の製品の画像、ビデオ、および紹介を読むことができる。更に、二次元コードを掃引すれば、商品を直接に購入することができるから、顧客の参加感を高めることもできる。

 

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1584057686725616715&wfr=spider&for=pc

 

シャオミーの創始者の雷軍氏は、「シャオミー旗艦店が存在する意味は大きくて、消費者により直感的なショッピング体験を与えることができます。また、小米のブランドや宣伝にも大きな意味があります。今、シャオミーはすでに戦略上と商業モードの上で新しい小売の可能性を証明して、ラインから実店舗の戦略突破を実現して、もっと多くの人にシャオミーの製品を体験させることができます。」と発表した。

2018年6月16日、第2家シャオミー旗艦店は南京で設立された。店内は広くて明るく、多くの生活に向かう科学技術製品を提供している。

 

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1602991675413076296&wfr=spider&for=pc

 

2018年10月1日、第3家シャオミー旗艦店は武漢で開業された。武漢のシャオミー旗艦店は新しい風格の設計を採用され、3階の大きい空間がある。その第1階にはシャオミーの携帯電話、テレビ、ノートなどの製品が販売されており、第2階にはシャオミーの精選商品があり、第3階にはシャオミーのスマート家財家居が展示されている。

 

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1613089939586094847&wfr=spider&for=pc

 

資料引用元:
https://www.williamlong.info/archives/5147.html
http://baijiahao.baidu.com/s?id=1584057686725616715&wfr=spider&for=pc
https://www.leiphone.com/news/201711/jJsUtl0m8SWnuYs6.html
http://baijiahao.baidu.com/s?id=1602991675413076296&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1613089939586094847&wfr=spider&for=pc

 

筆者:孔靖茵

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。