研究開発費用として経費計上できる項目

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

研究開発費用とは、企業が無形資産を開発する過程で発生した各種の支出のことである。

経費計上できる項目は開発過程で使用した資産の減価償却、消費した原材料、開発者の給与や福祉費、開発過程で発生した賃貸料や借金費用などが含まれている。

 

画像引用元:https://www.sohu.com/a/202297472_100006925

 

詳細には、次の8種類に分けることができる。

 

1.研究開発で直接に消費された材料、燃料と動力の費用。
2.研究開発者の給与、賞金、手当、補助、社会保険料、住宅積立金などの人件費用、及び外部研究員の労務費。
3.研究開発に用いられる機器、設備、ビルなどの固定資産の減価償却費または賃貸料、関連固定資産の運行メンテナンス、補修などの費用。
4.研究開発に用いられるソフトウェア、特許権、非特許技術など無形資産の償却費。
5.中間試験と製品試制の金型、工芸装備開発及び製造費、設備調整及び検査費、サンプル及び一般的な試験購入費、製品試制の検査費などの分野に用いられる費用。
6.研究開発の成果の論証、審査、検収、評価及び知的財産権の申請費、登録費、代理費などの費用。
7.アウトソーシング、協力開発などを通じ、他の会社、個人を依頼し、或いは協力を行う費用。
8.研究開発に直接に関連しているその他の費用。それは、技術図書資料費、資料翻訳費、会議費、出張費、事務費、外事費、研究開発者養成費、専門家相談費、ハイテク技術研究開発保険料などを含む。

 

資料引用元:
https://zhidao.baidu.com/question/1673684247476932907.html
https://zhidao.baidu.com/question/241829826666400164.html
https://zhidao.baidu.com/question/333204526763689645.html
https://www.sohu.com/a/202297472_100006925

 

筆者:孔靖茵

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。