スティーブン・ジョブズが泣く!「Steve Jobs」は登録された イタリアのファッションブランドになってしまった。

(この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。)

乔布斯要哭!“Steve Jobs”遭注册 变意大利服装品牌!

 

2017-12-29 15:54:00 来源:亚太日报

有人用乔布斯的名字做服装,还要做手机和苹果公司竞争!史蒂夫•乔布斯(Steve Jobs)几乎已和美国苹果公司(Apple)划上等号,但在意大利也有一家名为“Steve Jobs”的时装品牌。据台湾“东森新闻”12月29日报道,在2012年得知苹果并未为创办人乔布斯名字注册后,和美国苹果公司开始了多年的商标之争,最终成功以“Steve Jobs”命名他们的时装品牌。

据报道,意大利巴尔巴托兄弟(Vincenzo Barbato和Giacomo Barbato),2012年得知苹果并未为创办人名字注册商标,便以此命名他们的时装品牌。在经历多年与苹果的司法程序,巴尔巴托兄弟保住了以“Steve Jobs”作为公司的品牌。巴尔巴托兄弟设计的品牌标志跟苹果的类似,选用字母J作为代表,跟苹果的标志一样被咬了一口,J顶端还有1片非常具有苹果风格的叶子。

2014年欧盟知识产权局做出初次判决,推翻了苹果公司对巴尔巴托兄弟“Steve Jobs”商标的反对申请,苹果认为他们设计的J字品牌标志跟苹果商标相似,但知识财产局认定J是字母不可食用,缺口设计不应视为被咬一口。

目前巴尔巴托兄弟以Steve Jobs品牌生产T恤、包包、牛仔裤及其他时尚配件,未来还准备以“Steve Jobs”品牌生产电子产品,意谓将来可能会有“Steve Jobs”品牌手机,与苹果创办人贾伯斯催生的iPhone竞争。

(来源:环球网)

 

 

スティーブン・ジョブズが泣く!「Steve Jobs」は登録された イタリアのファッションブランドになってしまった。

 

2017-12-29 15:54:00 出所:アジアパシフィックディリーニュース

スティーブ・ジョブズの名前をファッションブランドにして、スマホの販売もしてアップルと競争したい!スティーブ・ジョブズの名前はアメリカのアップル会社を代表しているが、イタリアにおいて「スティーブ・ジョブズ」と言うファッションブランドもある。12月29日「台湾東森ニュース」の報道によると、イタリアの「スティーブ・ジョブズ」は2012年、アップルは創始者のスティーブ・ジョブズの名を会社名に登録させなかったということを聞き、アメリカのアップルと長年にわたる商標の競争を始めた。その結果、「スティーブ・ジョブズ」はファッションブランド名になった。

報道によると、イタリアのBarbato兄弟は2012年、アップルは創始者のスティーブ・ジョブズの名を会社名に登録させなかったと聞き、「スティーブ・ジョブズ」をファッションブランド名に命名した。長年にわたる司法上での戦いの結果、スティーブ・ジョブズというブランド名を守った。Barbato兄弟がデザインしたブランド商標はアップルとよく似ており、Jを商標のデザインにさせ、アップルのデザインと同じように咬まれ、Jの先端にもアップルのような葉もあるという。

2014年EU知的産権局は初めて判決を下し、アップルのBarbatoへの反対申し込みを否決した。アップルは相手の商標デザインが自社のものとよく似ていると考えるが、知的財産権局は「J」は文字なので、一口咬まれていると考えるべきではないとした。

目下、Barbato兄弟は「ティーブ・ジョブズ」をブランド名にしてTシャツ、カバン、ジーンズ及びその他のアクセサリーを製造し、将来「ティーブ・ジョブズ」をブランドにして電気製品を生産する予定だという。つまり将来「ティーブ・ジョブズ」というブランド名のスマホも登場し、アップル創始者ジョブズと競争するということである。

(出所:環球ネット)

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/world/813102.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。