口臭がない:日本青森県で世界初の「ニンニクコーヒー」が誕生した

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

无惧口臭:日本青森县诞生世界首创“大蒜咖啡”
 
2017-10-16 10:23:00  来源:亚太日报
 
据日媒报道,外观和味道是咖啡,但原料却是百分之百日本青森县产的大蒜。该县南部町的下平米纪智开发的“大蒜咖啡”今年1月发售以来即成为话题。
 
下平表示:“这可能是世界首创。因为不含咖啡因,所以希望想在晚上喝咖啡的人以及孕妇饮用。”
据报道,以前在日本青森县八户市经营咖啡店的下平在大约30年前因专心接待客人,烧焦了牛排和大蒜。当他用汤匙碾碎烧得焦黑的大蒜冲入热水饮用后,吃惊地发现有“像咖啡那样”的苦味。
 
下平退休后“想让更多人知道”大蒜咖啡的味道,为实现商品化而反复进行了研究。他调整烤制方式和温度,经反复摸索终于在约5年前制成满意的“咖啡”。
 
方法是用电炉将大蒜烤至外皮全黑、再以较低温度烤至内部呈琥珀色。冷却至不烫后研磨成粉状并滤出。2015年取得专利,在岩手县开设了工作室。
 
报道称,大蒜有暖身效果,因此体寒和贫血的人也适于饮用。据说虽然有着大蒜的香味,但由于经长时间加热,饮用后不用担心口臭。
 
据悉,该产品目前只在日本青森县的两家土特产店有售,但其他店铺也提出想要销售。下平自信地说:“如果人们饮用后说‘很吃惊’,我会很高兴。虽然年龄上比较吃力,但只要身体允许将继续制做。”
 
(来源:中新网)
 
 
口臭がない:日本青森県で世界初の「ニンニクコーヒー」が誕生した
 
2017-10-16 10:23:00  出所:アジアパシフィックデイリーニュース
 
日本メディアの報道によると、見た目も味もコーヒーだが、原料は100%青森県産のニンニクである。南部町の下平米紀智さんが開発した「ニンニクコーヒー」が今年1月に発売して以来、話題になっているという。下平さんは「おそらく世界初だろう。カフェインが含まれていないので、夜にコーヒーを飲みたい人や妊婦さんに飲んでほしい」と話した。
 
報道によると、八戸市で喫茶店を経営していた下平さんは30年ほど前、接客に夢中でステーキとニンニクを焦がしてしまったことあった。黒焦げになったニンニクをスプーンでつぶしてお湯に入れて飲んでみると、苦みもあり「コーヒーみたい」と驚いたという。
 
引退後に「広く知ってもらいたい」と商品化を目指して研究を重ねた。焼き方や温度を調整し、試行錯誤の末に納得のいく「コーヒー」が出来上がったのは5年ほど前だった。
 
電気炉で外皮が真っ黒になるまで焼き、低温で深部をあめ色にし、粗熱をとって粉々にしたニンニクをドリップするという方法で作る。2015年に特許を取得し、岩手県に工房を構えたという。
 
報道によると、ニンニクは体を温める効果があり、冷え性や貧血の人にもおすすめである。ニンニクのにおいがするが、じっくりと火を通しているため、飲んだ後に口臭が気になることはないという。
 
知るところでは、販売は現在青森県内の土産物店2店のみだが、他店からも取り扱いたいと声が掛かっている。下平さんは「飲んで『びっくりした』と言われるとうれしい。年齢的にきついが、体が続くまではやりたい」と意気込んでいる。
 
(出所:中新網)
 
記事引用:http://cn.apdnews.com/lifestyle/772460.html
 

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。