インドネット「偽ファン」は世界一で、大衆人物向けの偽賞賛の商売をしている

(この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。)

印度网络“假粉丝”居冠全球 专接点赞生意

 

2017-10-12 14:21:00 来源:亚太日报

社群网站兴起,几乎成为资讯传播的主要渠道,不少公众人物也热衷经营,以此拉抬自己声势。但随之而来,对粉丝量与点赞数的追求,使得各种“作弊”管道丛生,例如现在印度就兴起为数众多的“点赞工厂”,接单全球。
台湾《中时电子报》10月12日援引法国媒体报道称,印度正在成为世界最大的“假粉丝”产地,这里很多接单公司如雨后春笋地开张,希望能抢夺社交网络的新兴市场。社群经营主只要付费,就可以轻松在脸书、推特、Youtube等网站上获得大量粉丝关注。当然,这些粉丝是所谓的“机器人”或“僵尸粉”,不过对带动人气排行还是颇有助益。
报道举新德里一家公司当例子,该公司拥有150台电脑组成的“点赞”生产线,只需两周时间,就能给委托者点2000个赞。除了基本的点赞,这间公司还提供留言服务,而且能配合当地语言,保证留言就像真人一样。
据了解,除印度外,菲律宾、马达加斯加、泰国等地也有此类公司崛起的迹象;一位电子商务专家指出,现在新公司最关心的不是产品品质,而是网络知名度,在这种背景下,“假粉丝”的市场潜力无穷!

(来源:环球网)

 

インドネット「偽ファン」は世界一で、大衆人物向けの偽賞賛の商売をしている

 

時間:Oct 12,2017 出所:アジアパシフィックデイリーニュース

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は日増しに増しており、ほどんど情報の拡散の主な経路になり、数多くの有名人も夢中になって自分の勢いを上げるために取り扱っている。それにつれて、より多くのファン数といいね数を追求するようになったので、様々な「ズル」の経路がどんどん増えてきた。例えば、現在、インドでは、数えきれない「いいね工場」が、世界からの注文を受けて商売をしている。
10月12日、中国の台湾省の「チャイナタイムス電子ニュース」がフランスのメディアの報道を引用したニュースによると、インドは世界一の「偽ファン工場」になっていっているそうだ。ここでは、偽いいねの商売をしている会社はどんどん増えており、ソーシャルネットワークの新興市場奪い取りたいと希望している。コミュニディのユーザーはただ費用を払いさえすれば、気楽にフェイスブック、ツイッター、Youtubeなどのネットワークで、大量のファンの注目を集められる。もちろん、それらのファンはいわゆる「ロボット」あるいは「ゾンビファン」だが、人気ランキングを上げるのにはかなり役立っている。
報道では、ニューデリーにある会社を例として挙げたそうだ。この会社は150台のパソコンからなっている「いいね」生産ラインがあり、2週間だけで、依頼者に2000個のいいねを押せる。基本的ないいねを除き、この会社はメッセージのサービスも提供しており、その人の地元の言語を使って、まるで本人のようにメッセージをすることを保証している。
知るところでは、インドのほかに、フィリピン、マダガスカル、タイ等の地域にもこういう会社がますます増えていく兆しがあるそうだ。「現在、新たな会社が関心を持っているのは製品の品質ではなく、ネットでの認知度です。こういうような背景で、『偽ファン』の市場の潜在的可能性は無限大です。」とある電子商務の専門家は表明した。

(出所:グローバルネットワーク)

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/shixun/770720.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。