ウィーチャットのスタートページの「変身」が終わり、アフリカを中心とする「ブルーパチンコ」のサテライト図に戻る

(この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。)

微信启动页变脸结束 回归非洲为中心的“蓝色弹珠”卫星图

 

2017-09-29 11:23:00  来源:亚太日报

9月28日17时,微信启动页面结束了为期三天(72小时)的”变脸“,风云四号拍摄的中国所在的东半球上空云图,将恢复为NASA(美国国家航空航天局)在全世界范围公开的第一张完整的地球照片“蓝色弹珠”。
 


画像引用元:http://cn.apdnews.com/lifestyle/763882.html

 

9月25日至9月28日期间,微信启动画面从人类起源的非洲大陆过渡为华夏文明起源地。
为何只短暂更换三天?微信团队回复称:本次微信启动页中在9月25日17时到28日17时内会由“蓝色弹珠”地球图“变脸”为“风云四号”拍摄的华夏大地上空云图,是为了庆祝中国科技取得重大成就,向亿万用户展示中国科技的最新成果。同时,腾讯将与中国气象局开展进一步的战略合作。
这三天短暂登上微信启动页面的地球图片,是中国新一代静止轨道气象卫星“风云四号”于2017年6月7日13时观测到的东半球云图,云图上可以清晰地看到中国;而此前的页面,是NASA在全世界范围公开的第一张完整的地球照片,由阿波罗17号宇航员在太空拍下的照片,显示了非洲大陆和印度洋,名为“蓝色弹珠”。
“此次展示‘风云四号’拍摄画面,是寓意从‘人类起源’到‘华夏文明’的历史发展,旨在向亿万微信用户展示华夏大地的河山风貌。”微信团队曾告诉澎湃新闻。
微信启动页面更换以来,引发社会大量关注。网友们纷纷表示新页面“霸气”,“感受到国家卫星技术的崛起和强大”,还有网友感慨新页面维持时间“太短“:“每天都看着祖国不好么?”
作为全球首个大气垂直探测仪,“风云四号”卫星也是国际上首次在单星上同时搭载了多通道扫描成像辐射计和干涉式大气垂直探测仪,即以一颗卫星实现了两颗卫星的功能,是中国气象领域的一项重大成就。
这颗卫星曾于2016年12月11日在西昌卫星发射中心成功发射,是我国静止轨道气象卫星从第一代(风云二号)向第二代跨越的首发星,具有更高的空间分辨率和时间分辨率,通道多,图像比第一代更加清晰,从而它的环境监测能力更加强大。
更耀眼的是,“风云四号”卫星传回的部分数据,是目前国际气象界其它在轨卫星无法提供的。
在天气预报方面,“风云四号”也有更高水平的发挥:它可对灾害性天气进行了高精度、连续滚动监测,擅长掌握台风的强度以及风雨分布、台风定向及未来降水情况。

(来源:澎湃新闻 作者:温潇潇 刁凡超)

 

ウィーチャットのスタートページの「変身」が終わり、アフリカを中心とする「ブルーパチンコ」のサテライト図に戻る

 

2017-09-29 11:23:00  出所:アジアパシフィックデイリーニュース

9月28日17時、ウィーチャットのスタートページが三日間(72時間)の「変身」が終わり、「風雲四号」により撮影した中国を含む東半球の上空の曇り図はNASA(アメリカの国家航空航天局)が全世界範囲で公開した一枚目の地球写真の「ブルーパチンコ」に戻した。

 

 
画像引用元:http://cn.apdnews.com/lifestyle/763882.html

 

9月25日から9月28日までの間、ウィーチャットのスタートページが人類起源のアフリカ大陸から華夏文明の起源地になった。
なぜ短い三日間しか変えていなかったかという質問に対し、ウィーチャットが以下のように答えた。今回ウィーチャットのスタートページの画面が9月25日17時から28日17時までの間に「ブルーパチンコ」から「風雨四号」により撮影した崋夏大地上空の曇り図への「変身」は中国の科学技術の顕著な成就を祝い、また億万のユーザーに中国の科学技術の最新成果を展示するためである。それと同時に、テンセントが中国の気象庁とさらに戦略的な協力関係を築く予定である。
短い三日間でウィーチャットのスタートページに登場した地球の写真は中国の新しい世代の静止気象衛星である「風雨四号」により2017年6月7日13時に観測した東半球の曇り図である。曇り図からはっきりと中国が見られる。それに対して、以前のページがNASAにより全世界で公開した最初の完全な地球写真で、アポロン17番の宇宙飛行士により撮られた写真である。この写真がアフリカ大陸とインド洋を示し、「ブルーパチンコ」を名付けられた。
今回「風雨四号」により撮った画面が見せてくれたのは「人類の起源」から「崋夏文明」までの歴史進展を寓意し、億万のウィーチャットユーザーに崋夏大地の山河風貌を見せたかったからである。ウィーチャットが『澎湃ニュース』にこう言った。
ウィーチャットのスタートページが変えた後、社会の注目を浴びていた。多くのネットユーザーが新ページに「覇気がある」とコメントし、「国の衛星技術の迅速的な発展と強大を感じさせた」。また新ページの維持時間の「短さ」を嘆くネットユーザーもいる。が「毎日祖国を見ているのはいいじゃない?」とコメントした。
世界初の大気垂直検出器として、「風雨四号」は世界で初めてのシングル星に同時に多チャネルのスキャン結像を搭載する輻射計であり、また干渉式の大気垂直検出器である。すなわち一つの衛星として二つの衛星の機能を実現し、中国気象分野の一つの重大な成就だといえる。
この衛星はかつて2016年12月11日に西昌衛星発射センターで成功裏に発射され、中国の静止軌道気象衛星の一代目(風雲二号)から二代目への乗り越えた初衛星である。またより高い空間解像度と時間解像度を兼備し、チャネルも多く、画像が一代目よりはっきりと見えるため、環境のモニタリング能力はもっと強い。
もっと注目されているのは「風雲四号」の衛星により送信したデータである。それは現在国際気象業界の他の軌道衛星が提供できないデータである。
天気予報の面おいては、「風雲四号」がより高いレベルを発揮した。災害天気に高精度で連続するモニタリングができ、さらに台風の強さ及び風雨の分布状況、また台風の進路と未来の降水状況に上手に把握できるそうだ。

(出所:澎湃ニュース  作者:温潇潇 習凡超)

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/lifestyle/763882.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。