アメリカのNASAの役人は火星に上陸することはお金不足だと言う

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

登陆火星差钱 NASA官员哭穷

 

时间: Jul 18, 2017 来源:新华社

图片链接:http://cn.apdnews.com/it/702061.html

美国航天局(nasa)官员14日说,要在未来二三十年内送人去火星,前景并不乐观,原因不光是技术难度,还包括资金不足。
美国航天局负责载人探索与行动的官员威尔·格斯登美尔当天参加美国航空航天学会组织的一场论坛时说,“我无法给出人登陆火星的时间表”,因为“基于我们刚才所说的每年2%增幅的预算,我们造不出登陆火星的地面系统。降落、离舱和登陆对我们来说将是巨大挑战”。

格斯登美尔说,虽然经费差强人意,但航天局在登陆火星前期准备的主要项目上按部就班,希望按计划完成每一步。
美国总统特朗普今年3月签署一项法案,批准美国航天局2017财年195亿美元的预算方案,并要求其研究2033年送人去火星的可行性。
这份“过渡授权法案”是特朗普就任总统后签署的第一份美国航天预算法案,所批准的195亿美元预算比2016财年只多出2亿美元。
法案要求美国航天局制定一份路线图,以便在21世纪30年代实施抵达“火星附近或火星表面”的载人任务。这与奥巴马政府时期提出的美国航天长期目标大体一致。

原文链接:http://cn.apdnews.com/it/702061.html

 

アメリカのNASAの役人は火星に上陸することはお金不足だと言う

 

時間: Jul 18, 2017 出所:中国国営である新華通信社

 


画像引用元:http://cn.apdnews.com/it/702061.html

 

「将来の2、30年間は、人が火星に上陸することは難しく、それは技術の問題だけでなく、お金不足も含んでいる。」と14日、アメリカのNASAの役人たちは言った。

「私は人が火星に上陸できるスケジュールを予想できない。なぜなら、我々が先程話した毎年2%増える予算によって、火星に上陸できる地上システムが作れなくなり、着陸や船室に離れること及び上陸は現在の我々の技術にとって巨大な挑戦だ。」と、アメリカのNASAにおける探索と行動の責任者であるWill Gerstenmaier氏は、当日、アメリカのAIAAで行われた公開討論に出席したときに語った。

「お金の面は不足しているが、NASAは火星に上陸する準備のプロセスを計画通り一つ一つ進めていくことを希望している。」と、Gerstenmaier氏は語った。

アメリカの大統領トランプ氏は、今年の3月にある法案に署名した。法案により、2017年度のアメリカのNASAの195億ドルの予算草案に賛成し、2033年に人が火星に上陸する可能性を研究することを求めたそうだ。

この「短期的な許可法案」はトランプ氏が大統領に就任した後に初めて署名したアメリの宇宙飛行における予算法案で、承認した195億ドルの予算は2016年度より2億ドルだけを超える。

21世紀の30年代に人が「火星の近くあるいは火星の表面」に着陸できることを実現するために、法案はアメリカのNASAに路線図を作ることを要求した。それはオバマ政権の時に提出したアメリの宇宙飛行の長期目標と大体一致する。

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/it/702061.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!

前の記事

香港の軌道電車②