アメリカのNASAは木星の南極と北極は嵐だらけで、その音が笛の音と似ていることを発見した①

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

NASA公布木星新发现:两极布满巨型风暴 “天籁”似笛声①

 

时间: May 28, 2017 来源:亚太日报

美国国家航空航天局(NASA)近日公开了木星探测器“朱诺号”所收集到的最新数据及研究报告,包括木星两极的高清照片和音频资料。
据《纽约时报》报道,这些图像资料显示,木星南北两极表面覆盖着数十个直径堪比地球的风暴。科学家对这个新发现感到兴奋。
科学家本来只知道木星两极有一些闪闪发光的椭饼图案,在“朱诺号”的高清镜头下,这些图案原来是紧排在一起的超巨型风暴,部分直径达2800公里。
下一步,科学家们想弄清楚,这些超级风暴是相对稳定,还是动态的。
另外,“朱诺号”还在木星赤道附近探测到厚度达最少350公里的氨气带,科学家推断这是循环系统一部分。新的重力数据显示,木星核心可能较科学家原本估计松散,甚至不存在。
美国西南研究院首席研究员博尔顿(Scott Bolton)介绍,除了极地风暴,“朱诺号”还发现了比地球磁场强约十倍的团块磁场。

 


画像引用元:http://cn.apdnews.com/world/659725.html

 

アメリカのNASAは木星の南極と北極は嵐だらけで、その音が笛の音と似ていることを発見した①

 

時間: May 28, 2017出所:アジアパシフィックデイリーニュース

最近、アメリカのNASAは木星の探測器「ジュノー号」の集めた新しいデータ及び研究報告を公開した。その中には、木星の南極と北極のハイビジョン写真とオーディオデータも含まれている。

ニューヨーク・タイムズの報道によると、これらの画像データからみると、木星の南極と北極の表面は、何10個の地球の直径と同じぐらいの嵐に覆われており、科学者たちはその発見を楽しんでいるそうだ。

本来、科学者たちはただ単に木星の南極と北極にキラキラ輝いている楕円形のパターンがあるということを知っているだけであった。「ジュノー号」のハイビジョン画面のおかげで、これらのパターンは一緒に並んでいる超大型の嵐で、ある嵐の直径は2,800キロあることがわかった。

次に、科学者たちはこれらの超大型嵐は安定しているのか流動的なのかをはっきりさせること希望している。

一方、「ジュノー号」は木星の赤道付近に厚さ350キロからなるアンモニア帯も探測した。科学者たちはそれが循環システムの一部であると推定する。新たな重力データによると、木星のコアは科学者の予想より柔らかく、あるいは存在していないという。

アメリカのSwRIのPI Scott Bolton氏は、「極地の嵐のほかに、「ジュノー号」は地球の磁場より約10倍強い丸い磁場も発見した。」と紹介した。

 

②に続く

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/world/659725.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!

前の記事

香港の軌道電車①