国際通貨基金専務理事:10年後には本部が北京に移転するかも

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

国际货币基金总裁:10年后总部或搬到北京

 

时间: Jul 25, 2017 来源:亚太日报

国际货币基金(IMF)总裁拉加德24日表示,如果中国和其他重大新兴市场的成长趋势持续并反映在国际货币基金的表决结构中,那么10年后,货币基金总部可能会移往北京。

台湾“中央社”7月25日报道称,拉加德(Christine Lagarde)在全球发展中心(Center for Global Development)于华盛顿主办的活动中说,总部搬迁是“可能的事”,因为随着各大新兴市场进一步成长和更具影响力,国际货币基金势必要将这些新兴经济体的代表性扩大。

拉加德说:“这很可能表示,我们如果10年之后开这个会,地点可能不是在华盛顿,而是我们位于北京的总部。”

她表示,国际货币基金的规章载明,总部必须设在经济规模最大的会员国境内。

国际货币基金组织(英语:International Monetary Fund,简称:IMF)是根据1944年7月在布雷顿森林会议签订的《国际货币基金协定》,于1945年12月27日在华盛顿成立的。

与世界银行同时成立、并列为世界两大金融机构之一,其职责是监察货币汇率和各国贸易情况,提供技术和资金协助,确保全球金融制度运作正常。目前,其总部设在华盛顿。

(来源:环球网)

责任编辑:杨洋

 


画像引用元:http://cn.apdnews.com/world/708123.html

 

国際通貨基金専務理事:10年後には本部が北京に移転するかも

 

時間:Jul 25, 2017 出所:アジアパシフィックディリーニュース

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は24日に、中国とほかの重要な振興市場の成長が続いて、また国際通貨基金の採決の構造を反映すれば、10年後は本部が北京に移転する可能性があると表明した。

台湾「中央社」の7月25日の報道によると、ラガルド(Christine Lagarde)は世界開発センター(Center for Global Development)がワシントンで開催した活動で次のように述べた。本部の移転が「可能なこと」というのは、新興市場がさらに成長して影響力も高くなるに伴い、国際通貨基金はこれらの新興経済体の代表性を拡大するからである。

ラガルド氏は「こうした議論は10年後にはワシントンではなく、北京本部に座って行われるかもしれない」と述べた。

同氏はIMF協定には「出資規模が最大の国に本部を設置する」と定められていると説明した。

国際通貨基金(英語: International Monetary Fund, IMF)は1944年7月開催されたブレトン・ウッズ会議で締結されたブレトン・ウッズ協定に基づいて、1945年12月27日にワシントンで設立された。

世界銀行と同時に設立され、共に世界二大の金融機関の一つとして、国際通貨基金の職責は為替レートと各国の貿易の情勢を監視し、技術と資金を提供し、世界中の金融制度の安定を確保するということである。現在、本部はワシントンに位置する。

(出所:環球網)

責任編集:楊洋

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/world/708123.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!