戦乱中に家族を奪われて、アフガンニスタンの少年はこうやって苦しい子供の時期を過ごす①

(この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。)

战乱中失去亲人 阿富汗少年这样度过苦涩儿童节①

时间: Jun 1, 2017 来源:亚太日报

 

“世间无任何玩具,可填补父亲缺失的空白。每平方英里都有上千个悲剧。”作家卡勒德·胡赛尼在《群山回唱》里这样描述阿富汗。
这部小说反映两代人的悲凉,一个国家的叹息,也是现实的写照:在世界的另外一个角落,多少儿童为了生存而拼命挣扎,在辛酸苦涩中度过童年。
天蒙蒙亮,11岁的西玛爬起床,从海拔1000米的土坯房赶往山下的学校,每天往返至少三个小时。
在这条尘土飞扬的曲折山路上,没人知道西玛到底走了多少个来回。然而,生活对于年幼的她来说,最苦涩的还不只是翻山越岭。
“孩子4岁时就没了爸爸。”西玛的妈妈纳维达告诉记者。这位单身母亲带着三个孩子常年挤在一间不足8平方米的出租房里,靠给别人家洗衣服艰难度日。

 

画像引用元:http://cn.apdnews.com/world/662858.html

2017年4月22日,在阿富汗首都喀布尔,女孩西玛跪在地上写字。新华社记者代贺摄
西玛的父亲2010年在喀布尔一次爆炸袭击中丧生,这个家庭的境遇从此每况愈下。“您那里有合适的兼职工作吗?”纳维达向记者打听,她正试着找一份兼职保洁工作。
屋里连一张写字桌也没有,西玛跪在地上写字。看到陌生人,西玛紧紧抓住妈妈的衣角,瞪着圆圆的大眼睛,小心翼翼地打量着记者。
准备怎么过“六一”国际儿童节?看着事先准备的采访提纲,记者欲言又止。
西玛并不知道儿童节。此时此刻,这个家庭正在为四口人的生计发愁。每月房租5000阿富汗尼(约合500元人民币),而纳维达洗一桶衣服才挣100阿富汗尼(约合10元人民币),微薄的收入让一家人连吃顿肉都是一种奢望。
“我供不起孩子们。”纳维达伤心地说。她打算让家里学习好的孩子继续读书。但也有人劝她先咬牙供两个男孩上学,把西玛早点嫁出去。
“童婚现象在阿富汗比较常见,很多家庭因为生活困难不得不这样做。”随行的当地人对记者说。
“如果孩子有爸爸就不一样了。”纳维达的眼眶已经湿润。
多年的阿富汗战乱造成大量孤儿和单亲儿童。许多儿童像西玛一样,战火在夺走至亲的同时,也让他们过早地面对生活中的其他残酷。

(来源:新華社)

 

戦乱中に家族を奪われて、アフガンニスタンの少年はこうやって苦しい子供の時期を過ごす①

時間: Jun 1, 2017 出所:アジアパシフィックデイリーニュース

 

「世間には父親の存在を失った空白を補う玩具はどこにもない。1平方メートルのごとに数千個の悲劇が存在している。」作家ラド・フサ二は『群山回唱』の中でこのようにアフガニスタンを描写する。
この小説は二世代の悲しみを反映しており、これは一国のための吐息だけではなく、リアルな描写である。世界のある片隅で生存するために必死にもがいて、苦しい環境で少年時代を過ごしている人は少なくない。
夜が明け始める時、11歳のシマ起床後、海抜1000メートルほどの高さにある土でつくられた家から山裾の学校まで行く。毎日少なくとも3時間をかかって往復する。
埃まみれの曲がりくねった道で、シマは何回も往復していたことを誰も知らない。しかし、幼いシマにとって、一番苦しいものは野を超え、山を超えることではない。
“シマが4歳時に父親がなくなった。”シマの母親ナヴィダは記者に伝えた。この独身の母親は3人の子供を連れて8平方メートル弱の賃貸部屋で住んでいる。他人の服を洗うことで苦い家族を養う。

 

画像引用元:http://cn.apdnews.com/world/662858.html

 

2017年4月22日 アフガンニスタンの首都カーブルで、女の子シマは地面にしゃがんで字を書いていた。新華社記者代賀撮影

2010年にシマの父親はガーブルのある爆発襲撃でなくなった。この家庭の境遇はそれから悪くなっていく。「そちらは何かいいバイト仕事がありますか」清潔関係のバイトの仕事を探したいナヴィダは記者に聞いた。
部屋の中に机さえもなくて、シマはしゃがんで字を書く。見知らぬ人を見た時、シマはしっかりとお母さんの裾をつかんで、大きい目でじろじろと記者を見張っている。
どうやって「6月1日」の国際子供の日を過ごしますか。事前に準備しておいたインタビュー要点を見ている記者は言いかけてやめた。
シマは子供の日を知らない。今、この家庭は4人の生計のために途方に暮れている。家賃は月に5000アフガニ(約500RMB)だが、ナヴィダが水桶の服を一回洗っても100アフガニ(約10RMB)しか得られない。ごくわずかな収入だけで肉を食うことも贅沢になる。
「子供を学校へ行かせることができない」ナヴィダが悲しくてこう言った。彼女はもともと、成績がいい子供の学業を続けさせるつもりだった。しかし、歯を食いしばって二人の男の子を入学させて、早くシマを結婚させろとナヴィダを説得する人もいる。
“子供であるのに結婚するという現象がアフガニスタンで一般的である。多くの家庭が生活の困難を原因としてそうしなければならない。」随行の現地の人は記者にこう言った。
「もし子供に父親があれば生活が同じではない。」ナヴィダの目に涙が浮かんでいる。
数年間のアフガニスタンの戦乱のため、多くの孤児や片親の子供が出てきた。多くの児童はシマのように戦乱中に肉親を奪われて、早いうちに生活の残酷さを味わらなければならなくなってしまった。

(出所:新華社)

 

②に続く

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/china/656435.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。