世界は広い!安楽死の願望を公表した認知症患者の初めてのイギリス人

(この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。)

世界那么大丨英国首位公开安乐死意愿的老年痴呆患者

时间: May 25, 2017  来源:亚太日报

今年63岁的Alex Pandolfo是英国一名大学讲师,一生未婚膝下无子。2015年他被诊断出老年痴呆症早期,众所周知,老年痴呆症是不治之症病情会随着时间逐渐加重,Pandolfo觉得他无法面对老年痴呆所带来的痛苦,于是他选择安乐死。他的母亲和两个妹妹都全力支持他的决定。而他也因此成为了英国首位公开表示希望去瑞士协助自杀医院结束生命的老年痴呆症患者。

 


画像引用元:http://cn.apdnews.com/lifestyle/657335.html

在英国,协助自杀属于刑事犯罪,最高可判14年监禁,在瑞士这种行为则是合法的,不过瑞士法律规定想进行安乐死的老年痴呆症患者,必须拥有选择结束生命的心理能力,如果病人的病情已经过重,医院就要拒绝协助自杀。此次Pandolfo公开表示要进行安乐死对英国老年痴呆症患者来说是史无前例的,过去其他的人都保守着他们的决定秘而不宣,因为他们害怕他们或者他们的家人可能因此被英国当局调查。

Pandolfo说,我想去瑞士因为我知道我的病会给我带来什么,我不想活着受罪。我不打算去熬这些苦也不打算去放弃自己做主的权利,我甚至会拿不起刀叉,我不打算去过这样的生活。

其实,Pandolfo的父亲在世的时候也是名老年痴呆症患者,因此他曾经目睹了他如马拉松选手般坚强却被老年痴呆症摧残的父亲患病的全过程。他说,当时我父亲完全没有了自理能力,无法自行上厕所,如果他去了你就不得不去帮他,然后他就会一直流泪。

两个月前,通过邮件Pandolfo联系了瑞士巴塞尔的协助自杀中心要求他们协助他结束生命。没过多久了就有了回信,该中心的创立者表示他们可以让他有一个安静祥和得偿所愿的终结。当前,生活状态尚且活跃的Pandolfo的记忆力正在减退,因此确定何时去瑞士事宜的时候不得不仔细斟酌。他计划是明年去瑞士,但是随着病情加重,可能为未来几个月内就要奔赴瑞士。去瑞士之前,还有一关Pandolfo必须要去过,那就是取得精神病学家的报告说明心理上有能力做出安乐死的选择。

关于安乐死,英国的支持者们表示希望安乐死在英国合法化,Pandolfo也非常支持修改法律,他说,我每天担心的事情是我将错过恰当时机,到时会去的太迟。反对人士表示我们一旦开始考虑把协助自杀或者安乐死作为一种解决苦难和人生难题的办法,那实在是走急剧性的下坡路,帮助老年痴呆症患者的最佳办法是给他们尽可能好的照顾,协助自杀是最后的遗弃。

已经做出选择的Pandolfo说,我会平躺着,等我准备好的时候就打开输液器的开关。

(来源:煎蛋网)

 

世界は広い!安楽死の願望を公表した認知症患者の初めてのイギリス人

時間: May 25, 2017  出所:アジアパシフィックデイリーニュース

イギリスの大学教師Alex Pandolfoさんは今年63歳で、一生結婚していなく子供もできていないのです。2015年、Pandolfoさんは認知症初期と診察されました。周知のように、認知症は治らないで、病状が時間につれて悪化していくと見られています。Pandolfoさんは自分が認知症の苦痛に耐えられないと思って、安楽死を決めました。お母さんと二人の妹さんも全力を上げて応援しています。それで、イギリスの国内でPandolfoはスイスの自殺協力病院に行って自分の命を絶ちたいと初めて発表した認知症患者となりました。

 


画像引用元:http://cn.apdnews.com/lifestyle/657335.html

イギリスでは、刑事犯罪である自殺協力は有期懲役14年と言い渡されますが、スイスでは、その行為は合法です。ただし、スイスの法律によると、安楽死にしたい認知症患者は自分の命を絶つことにする心理能力を持たなければなりません。それに、病状が重すぎる患者は自殺協力を求めることが断られます。今回、安楽死にすると公表したPandolfoさんはイギリスの認知症患者にとってこれまで前例がありませんが、他の患者はすべて自分たちの決定を秘密にしました。なぜなら、彼らは自分や家族がイギリス政府当局によって調査される可能性を恐れたからです。

「スイスにいきたいのは認知症が自分に何をもたらすのを知っており、その苦痛に耐えられないのです。また自分で決定する権利も諦めたくないのです。ナイフやフォークさえ取り上げられないような生活をおくりたいと思ったことはありません。」とPandolfoさんは言いました。実は、亡くなったお父さんも認知症患者なので、かつて、Pandolfoさんはマラソン選手のようにしっかりしたお父さんが認知症に苦しんだ様子を目の当たりにしたことがあります。当時、私の父は自立する能力を完全に失い、トイレに一人で行くこともできず、彼がトイレへ行くときは助けが必要でした。それで、父はずっと涙が流れていました。」と、Pandolfoさんは言いました。

二ヶ月前、Pandolfoさんは電子メールでスイスのバーセルの自殺協力センターと連絡を取り合い、まもなく返信をもらいました。Pandolfoさんが願うように安らかに死亡することができると当センターの創立者は示しました。当面の生活状況でさえ、活発であるPandolfoさんは記憶力が衰えていくそうです。よって、いつスイスに行くかはよく考えなければなりません。Pandolfoさんは来年スイスに行くつもりですが、病状が悪化し続けているので、これからの何ヶ月内にスイスに行くかもしれません。スイスに行く前、Pandolfoさんにはしなければならないことがあります。それは精神病の専門家から、心理上で、自分で安楽死を選ぶことができるという報告書をもらうことです。

安楽死に関しては、イギリスの擁護者たちは安楽死がイギリスで合法化されると望んでいます。Pandolfoさんも今の法律が修正されることを支持しています。「いいチャンスを逸すことを毎日心配しています。その時になったら、もう遅くなります。反対する人は、一旦自殺協力あるいは安楽死を苦痛や難問の解決する方法に考えはじめたら、取り返しがつかないことになると考えられ、認知症患者を助ける最もよい方法はできるだけよく介抱することで、自殺協力は最後の放棄だと主張されています。」とPandolfoさんは言いました。

もう決めたPandolfoさんは「そのまま安らかに横になって、準備できたら、注射器のスイッチを押します。」と言いました。

(出所:オムレツネット)

記事引用元:http://cn.apdnews.com/lifestyle/657335.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。