アメリカ世論調査:半数のアメリカ人は中国人に好感を持っている

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

美國民調:半數美國人對中國抱有好感

时间: Feb 21, 2017  来源:環球網
 
导读: 美國著名的調查機構蓋洛普民意測驗公司對美國民眾對於其他國家的好感度進行調查。結果顯示,約半數美國人對中國抱有好感。在所有調查國家裡,朝鮮的好感度最低。

【亞太日報訊】據美國合眾社(UPI)報道,美國著名的調查機構蓋洛普民意測驗公司對美國民眾對於其他國家的好感度進行調查。結果顯示,約半數美國人對中國抱有好感。在所有調查國家裡,朝鮮的好感度最低。

調查顯示,美國對於中國的態度比較複雜。除去50%的接受調查的美國人對中國好感度較高,還有48%的人持非好感度,還有2%的人並未回答。

美國人對加拿大、英國和日本的好感最多,分別占92%、91%和85%。美國人最不喜歡的國家則是敘利亞、伊拉克和朝鮮,對這些國家有好感者僅分別占17%、12%和11%。

只有28%的美國人對俄羅斯抱有好感,不抱好感者則高達70%。

(環球網)

 

アメリカ世論調査:半数のアメリカ人は中国人に好感を持っている

 
時間: Feb 21, 2017  出所:グローバルネットワーク 

 

見出し:アメリカの有名な調査機関であるギャラップ世論調査会社はアメリカ国民を対象に毎年国別好感度調査を行なっている。今年発表された結果では、約半数のアメリカ人は中国に好感を持っている。好感度が一番低いのは朝鮮だった。

【アジアパシフィックデイリーニュース】アメリカ合衆国の通信社(UPI)の報道によると、アメリカの有名な調査機関であるギャラップ世論調査会社はアメリカ国民を対象に毎年国別好感度調査を行なっている。今年発表された結果では、約半数のアメリカ人は中国に好感を持っている。好感度が一番低いのは朝鮮だった。

調査によると、アメリカが中国に対する態度は複雑であった。調査されたアメリカ人の50%が中国に対して好感度が高い一方で、48%が好感を持っておらず、また、2%が未回答であった。

アメリカ人はカナダ人、イギリス人及び日本人に対して好感度が高く、それぞれ、92%、91%及び85%が好感を持っている一方で、アメリカ人が最も好まない国は、シリア、イラク、朝鮮で、これらの国家に対してはそれぞれわずか、17%、12%及び11%しか好感を持っていなかった。

わずか28%のアメリカ人だけがロシアに対して好感をもっており、好感を持っていない人は70%に達した。

(グローバルネットワーク)

 

記事引用元:http://zh.apdnews.com/china/waimeiguancha/593021.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!