コカ・コーラはこれからアルコール飲料を生産する可能性がある

(この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。)

可口可乐接下来可能要做含酒精饮料
 
2017-11-16 11:24:00  来源:亚太日报
 
根据富国银行(Wells Fargo)的消息,可口可乐的股票将在海外获得成功,并将扩大其饮料业务。而更有趣的是,富国银行分析师邦妮·赫佐格(Bonnie Herzog)的笔记。
 
她预测,可口可乐,这个快130岁的非酒精饮料公司可能会转向含酒精饮料。她期望管理层在周四的公司投资日对此作一些提示。可口可乐的一位发言人告诉CNBC,有关饮料扩张的问题将在投资者日之前解决。
 
而可口可乐CEOJames Quincey最近曾评论说:“通过Venture&Emerging Brands(VEB)部门,在美国发展和培育高增长的品牌;在国际上建立和培育小品牌,类似于在美国通过VEB取得成功和通过当地合作伙伴取得的成就;扩大到其他高端领域,例如成人精酿饮料。
 
这家软饮料巨头曾于2007年收购了Fuze和维生素水,2011年收购了Honest Tea,2014年收购了Keurig Green Mountain。那年,可口可乐也收购了Monster Beverage公司16.7%的股份。但从那时起,可口可乐的收购计划似乎就停滞了。
 
赫尔佐格在投资日管理的关键问题清单中写道:“可口可乐打算扩大到成人手工饮料的范围,包括含酒精饮料(或预调酒饮料)在内?”
 
可口可乐是全球最大的非酒精饮料制造商,市值达1,996亿美元。百威英博则是全球最大的酒精饮料生产商,市值达1972亿美元。百威啤酒的制造商刚刚取代了北美的总裁,努力恢复啤酒销量下滑。
 
赫尔佐格还表示,尽管媒体还没找出任何潜在的交易迹象,可口可乐在怪兽饮料(Monster)的股份还是一个潜在的兴奋领域。
 
赫尔佐格补充说:“我们仍然认为,可口可乐的一流分销和强大的品牌组合将使其能够保持高价值,相信今天的生产力和市场营销投资将在未来几年内得到回报。 我们认为可口可乐在未来几年可以支持约5%至6%的有机收入增长,超过当前的共识估计。”
 
(来源:界面新闻)
 
 
コカ・コーラはこれからアルコール飲料を生産する可能性がある
 
2017-11-16 11:24:00出所:アジアパシフィックデイリーニュース
 
ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo)によると、コカ・コーラの株券は海外で成功し、飲料事業を拡大する。そして面白いのは、Wells Fargoのボニー·ヘルツォーク(Bonnie Herzog)アナリストのノートである。
 
彼女は、コカ・コーラ、このもうすぐ130歳のソフトドリンク会社が、アルコール飲料に転向する可能性があると予測している。彼女は管理職が木曜日の会社投資日にいくつかのヒントを与えることを期待する。コカ・コーラのスポークスマンは飲み物の拡大に関する問題が投資家の日までに解決するとCNBCに教えた。
 
そしてコカ・コーラのCEO James Quinceyは先日、「Venture&Emerging Brands(VEB)部門を通じて、アメリカで高成長のブランドを発展させ育てることと、グローバルに小さいブランドを確立し育成することは、アメリカでVEBを通じて成功をおさめることと現地のパートナーを通じて成果を得ることに似ている;また、他のハイエンド領域にまで拡大する、例えば成人向けのクラフトビールなどだ。」と評論した。
 
このソフトドリンク大手は2007年にFuzeとビタミン水メーカーを買収した、2011年にオネストティー(Honest Tea)を買収した、2014年にKeurig Green Mountainを買収した。その年、コカ・コーラはモンスタービバリッジ(Monster Beverage)会社の16.7%の株式も買収した。しかしその時から、コカ・コーラの買収計画は滯っているらしい。
 
ヘルツォークは投資日管理の重要問題リストの中で「コカ・コーラは成人向け手作り飲料の範囲まで拡大して、アルコール飲料(もしくは低アルコール飲料)を含むか?」と書いた。
 
コカ・コーラは、世界最大のソフトドリンクメーカーで、時価総額が1996億ドルに達している。アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABInbev)は世界最大のアルコール飲料メーカーで、時価総額が1972億ドルに達している。バドワイザービールのメーカーは北米の総裁に代わり、ビールの売れ行きの回復に努力している。
 
ヘルツォークは、メディアがいかなる潜在的な取引の兆候も探し出さないにもかかわらず、コカ・コーラのモンスター飲料(Monster)の株式は潜在的な興奮領域だと言った。
 
ヘルツォークはこう付け加えた。「我々は、コカ・コーラの一流の流通と強力なブランドグループが高い価値を維持することができると思っていて、今日の生産性と市場のマーケティングの投資は今後数年内に生きてくることを信じる。我々はコカ・コーラが今後数年間で約5%から6%の有機的成長を支持できて、当面の共通認識を超えると思っている。」
 
(出所:インターフェースニュース)
 
 
記事引用元:http://cn.apdnews.com/shangye/789092.html

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。