大陸に住む日本人の知らない世界「香港ラーメン」(2)

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

(前回よりつづく)

次に、最近日本でも流行してる鶏スープの「鳥華」。いかにもコラーゲンが豊富という感じです。
トンコツ味よりサッパリしているにも関わらず、濃厚さを感じるのは、やはりスープに溶けだしたコラーゲンの力ではないかと。食べ終わった後の後味が良く、おそらく週3日4日通っても飽きが来ない一品です。

20161020-1 20161020-2

エレメンツ店

次にガッツリ系トンコツの「豚王」。名前から見ても、男性には響く名前ではないでしょうか?
トンコツ系は数多くありますが、ここの特徴は味のインパクトが強いいう点です。「旨い」と言う表現が合うかと思います。けして油ギトギトではなく、多少濃い味付けながらも、スープを飲み干したくなるほどの欲求に駆られる一品です。

20161020-3 20161020-4 20161020-5

ハノイロード店    鳥華ラーメン   鳥華醤油ラーメン

 

尚、一風堂、麺屋武蔵は王道を行ってる感が強く、あえてこの場では取り上げません。どちらも外れはありませんので、香港で食べても満足できると思います。また、開店から184時間行列の絶えなかった「一蘭」も素晴らしいラーメンです。但し、正直生粋の香港人には味が薄く感じられるようで、知り合いの中では賛否両論出ています。が、個人的には好きな一品です。
沙田にある「山頭火」も間違いないでしょう。しかしこれらのラーメンはすでに日本で人気を博して来ている実績のあるラーメン店ですから、あえて紹介しません。

20161020-6 20161020-7

コーズウエイベイ店  豚王ラーメン

 

サラリー麺

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。