香港の旧正月インターナショナル・ナイト・パレード 前編

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

香港華南地区名所案内リポート 第12回
~ナイト・パレードの開催場所~

 

去る2017年1月28日、友人と共に香港のインターナショナル・ナイト・パレードに参加してきました。先日、香港のカウントダウンに参加したことをご報告しましたが、毎年12月31日~1月1日の深夜にかけて開催されるカントダウンイベントとは異なり、このナイト・パレードは毎年その年の旧正月の元旦、つまり、春節に開催されます。2017年の春節は1月28日ですので、その日の夜に開催されました。

正直、つい1ヶ月程前に大イベントを見学したばかりですので、今回行くかどうか迷いましたが、やはり、行ける時に行っておこうと思い今回も見学を決めました。それに、実は、カウントダウンに参加した時は、朝帰りして仮眠した後、夕方にバドミントンというハードスケジュールとなったせいか、翌日からしばらく体調不良になってしまいました。ただ、今回は、事前情報では19:00くらいから始まると知っていましたので、終電で帰れば前回のようなことはないという思いも見学を後押ししました。

唯一の問題は、カウントダウンの時と同じで、尖沙咀(ティムサーチョイ)で開催されるという情報があるだけで、実際にどの通りでどのように開催されるイマイチよくわからなかったことですが、まぁ今回は失敗しても次があるという軽い気持ちで行って参りました。

 


上図の青い矢印をご覧いただくとわかると思いますが、尖沙咀(ティムサーチョイ)のほんの一部の場所で開催されました。やはり、これは行ってみないとわかりません。

 


これは、広東道(カントン・ロード)の15:45頃の写真です。VIP用の席を用意しているのでしょうか?

 

いずれにせよ、開催予定の7時までまだかなりの時間がありましたので、中途半端な時間ですが、休憩と腹ごしらえを兼ねてレストランへ行きました。

以下は、休憩後の17時前の広東道(カントン・ロード)の写真です。

 


この時間になると完全な車両規制が敷かれていました。ここは広東道(カントン・ロード)の南の突き当りの場所です。写真の左側へ行くとバスターミナルがありますので、ご存知の方も多いかと思います。

 


先程の写真の反対側です。この奥が海となっており、その先には香港島があります。どうやらここからパレードが出発するようです。

 


広東道(カントン・ロード)の北側へ戻るとにわかに慌ただしくなってきました。

 

出発地点から近い広東道(カントン・ロード)で待ち構えるのも悪くないとは思いましたが、友人と話し合い、もっと良い場所が無いかどうか確認するため、彌敦道(ネイザン・ロード)側へ移動することにしました。

 

鈴木陽介
アイデアポート・グループ代表
www.ideaport.com.hk

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は名所旧跡の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!

前の記事

中国過去録2(1)

次の記事

中国過去録2(2)