香港での会社設立

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

香港における外国人の会社設立について、会社の外国人登録にはパスポートが必要である。香港会社の登録には以下の条件が必要だ。

 

1.香港登記会社の株主
香港有限会社の株主は満18歳になって、身分証やパスポートを所持しなければならない。株主の国籍は限らない。香港有限会社には少なくとも一人の株主が必要である。

2.香港の会社名を登記する
香港会社は英語名、中国語名、または英語および中国語の名称で登録されているが、英語の字/アルファベットと中文字の組み合わせを使用してはならない。そして、登録することを意図した香港会社名は、他の香港会社名と同じであってはならない。

3.香港会社の資本金登録
香港会社の資本金は普通1万香港ドルである。香港政府は有限会社の名義による最低金額の配当を行っていない。香港で株式会社を設立するには、少なくとも一人の創設メンバーが必要で、創業メンバー一人が保有する株式の数は少なくとも一株である。

4.香港会社の登録先
香港政府は、香港にある会社の登記住所には厳しい要求をしていない。ただし、香港の詳しい住所だけを登録しなければならない。

5.香港会社の秘書
香港『会社条例』第154条によると、会社ごとに1名の秘書を必要とし、香港で会社登録して、会社秘書が要件となっている。香港会社の秘書は個人ならば、香港の永久的な住民でなければならなく、会社のためならば香港に事務所あるいは営業所を設けなければならない。
香港は歴史的理由から英国の「会社秘書」概念を踏襲し、1911年に初めて法律の中で香港会社秘書の法的地位を定めた。もちろん、法人団体は香港会社の秘書を務めることもできるが、香港に営業先や事務所のある専門会社に勤めなければならない。

この他、KYC、すなわちknow- your – customerは、2018年7月末に香港の登録所であり、香港の社名秘書代理に登録された香港会社に求められた最新の管理条例である。CRSの実施を受け、香港の登録処から香港会社の設立への要求も厳しくなっている。

 

資料引用元:
https://zhidao.baidu.com/question/1674581555275644747.html
http://bbs.fobshanghai.com/thread-7545349-1-1.html
https://zhidao.baidu.com/question/1671734421193044387.html
https://zhidao.baidu.com/question/1770147020832758140.html

 

筆者:钟珮瑜

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。