相手のことを考えた提案をしていますか?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

読書オタクが語る日本図書シリーズ 第21回

~『伝え方が9割』(佐々木圭一)を読んで学んだこと~

 

お願いを聞いてもらうには伝え方も大事

 

誰かに何かお願いする。もしその時、YesよりNoの方が多い方には本書は必見です。もちろん、相手に拒否される場合、大抵は相手のこと考えてないのが一番の原因ですが、それを差し引いたとしても、やはり、相手への言い方、つまり、伝え方が大事である。と本書を読んで改めて思いました。

それに、本当に相手のためを考えたうえでのオファーであるならば、伝え方がマズいせいで相手のチャンスをも潰してしまうことになります。もちろん、コトバだけですべてが変わるほど世の中は甘くありませんが、みなが気持ちよく暮らすためにも、多くの方が伝え方を学ぶのは良いことだと思います。

 

20170121-1
画像引用元:https://pixabay.com/ja/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA-%E5%A4%A7%E9%99%B8-%E5%80%8B%E4%BA%BA-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E7%94%B7-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E6%89%8B-1938201/
【この本のポイント!】

 

②ギャップ法
―オバマ氏、村上春樹氏も使う心を動かす技術

数々の人たちを感動させてきたコトバがあります。以下のコトバたちはすべてギャップ法を使えばつくることができるコトバです。

「No.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」 『世界に一つだけの花』
「事件は会議室で起きているんじゃない! 現場で起きているんだ!!」 『踊る大捜査線』青島俊作
「お前の為にチームがあるんじゃねぇ チームの為にお前がいるんだ!!」 『SLAM DUNK』安西先生
「高く、堅い壁と、それに当たって砕ける卵があれば、私は常に卵の側に立つ」 『エルサレム賞受賞スピーチ』 村上春樹
(中略)
これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。(オバマ大統領就任演説)

人々を熱狂させたオバマ氏の大統領就任のコトバ。彼がもともと言いたかったのは何でしょうか?

これは、あなたの勝利だ。

そう言いたいのです。選挙を戦ってきた人々への称賛です。でも彼は、あえて「あなた」の反対語である「私」というコトバをその前に使ってギャップをつくりだしたのです。
(中略)

感動をつくるには、ただ伝えたいことをそのまま言い放つのではなく、伝えたい内容にギャップをつくることです。順を追って説明しましょう。

①最も伝えたいコトバを決める。
②伝えたいコトバの正反対のワードを考え、前半に入れる。
③前半と後半がつながるよう、自由にコトバを埋める。
たっだこれだけです。カンタンですよね。
(中略)

ギャップ法は、この本で、ぜひみなさんに身につけていただきたいことのひとつです。日本語だけでなく、世界中にある感動的なコトバの多くがこの手法を使っています。
(中略)

ギャップをつくれば
感動をつくることができる。

『伝え方が9割』P132~P149

 

20170121-2
画像引用元:https://pixabay.com/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC-%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E6%97%85%E8%A1%8C-%E5%B1%B1-1220609/

 

これはあくまで一例です。本書には、他にも多くのなるほどと思うテクニックが書かれています。あえて本引用部分を取り上げたのは、昨年末のスマップ解散や昨日のオバマ大統領からトランプ大統領への交代など、時事と関連する部分があったからというのが大きな理由です。

繰り返しになりますが、相手にOKを言わせるキーポイントは、相手のメリットを考えた提案ができるかどうかです。相手にとってまったくメリットがない提案では、いくらテクニックを覚えたとしても、元々がゼロですので、そこにいくら掛け算しても結果は同じです。

また、口だけ出して相手にやらせるという態度では誰も動きません。自分は動かなくても何かしらのリスクを負うというのであれば相手も納得しますが、何もせず、リスクも負わず、ただ口だけ出すというのであれば、当然見放されます。

少し話がそれてしまいましたが、みなさんも、誰かにお願いする際は、独りよがりなお願いになっていないかをよく考えてからオファーするようにしましょう。

 

一介の読書オタクより

 

20170121-3
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E4%BC%9D%E3%81%88%E6%96%B9%E3%81%8C9%E5%89%B2-%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8-%E5%9C%AD%E4%B8%80/dp/4478017212/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1484981145&sr=8-1&keywords=%E4%BC%9D%E3%81%88%E6%96%B9

 

参考図書:『伝え方が9割』
発行年月:2013年2月
著者:佐々木圭一(ささき・けいいち)
発行所:ダイヤモンド社

※本記事の写真はすべてイメージです。本記事は参考図書の一部を引用したうえで、個人的な感想を述べているに過ぎません。参考図書の実際の内容は、読者ご自身によりご確認ください。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!