第32回 「SCPとして利用され始めたAsprova」

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

特に頻繁に利用される機能は、「拠点間の物流計画機能」であり、それぞれに遠く離れた日本とアジア工場、広い国土を持つ中国などでは、資材の入手・製品の出荷のいずれにおいても、相手先から自社・自社から顧客までのロジスティックタイムを計算しなければ、本当の工場スケジュールは立てられない。

この場合、最も難しいのは、実績の把握である。工場内の生産実績とは異なり、拠点間の物品移動の実績をとる事は不可能に近い。よって、倉庫での入出庫の実績をとらえて、その代わり また、同時に輸送方法の変更により、コストや時間面でのシミュレーションを続けている例もある。

画像引用元:http://www.newsclip.be/article/img/2015/02/06/24670/10272.html

 

次に多い事例が「拠点間をまたいだMRP」で、在庫の精度・品番の統一が前提となるが、計算される固定リードタイムの中に拠点間の移動時間を含めて計算されるために、コンティンジェンシープラン策定に役立つ。

最後に「拠点間の連動スケジュール」であるが、国を挟んだ、あるいは、遠く離れた拠点同士で垂直生産が行われる場合、他社であっても重要な部品を手配している時に有用な機能である。これら具体例は、今後開催予定のセミナの中でも紹介していく。

前回ご案内させていただいた業種別・機能別アスプローバの使い方セミナを以下にご紹介させていただく。今年、シリーズで開催予定。

 

画像引用元:http://www.newsclip.be/article/img/2015/02/06/24670/10273.html

 

記事引用元:http://www.newsclip.be/article/2015/02/06/24670.html

 

2015年2月6日(金) 00時59分(タイ時間)

ASPROVA
担当:藤井(fujii@asprova.com)
ウェブサイト:www.asprova.com

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。