深センの無人コンビニ

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

全国大手会社の天虹集団は2017年8月8日に深センの天虹本社ビルに無人コンビニを初めてオーブンした。
入店する利用者は、まず会員の認証を取得してください。もし、あなたは天虹の会員であれば、虹领巾APPというアプリケーションを通し、QRコードを読み取ってからコンビニに入ることになる。一方、会員ではない場合には、WechatでQRコードをスキャンして天虹の公式アカウントをフォローし、新規登録を完成したら、お客様は入店できる。

画像引用元:http://news.163.com/17/0808/22/CRBOH9S0000187VE.html

 

では、コンビニでは何を取り扱うだろうか。商品棚にはおやつや飲料、生活用品などの約300種類の商品を置いてある。コンビニの特徴から考えば、目前にここでは主にインスタント食品、スナックなどを販売し、生ものを販売しないことになっている。
利用者はどうすれば、気に入る商品を勘定するだろうか。スマートレジには感知装置を取り付けたので、商品の情報を自動的に正確に識別ことができ、このプロジェクトで重要で核心的なものだ。まず利用者はすべての商品をスマートレジに置けば、QRコードをスキャンして身元確認を終われば、スプリントには商品リストと総額が出てきる。決済方法は三つがあり、虹领巾APPというアプリ、アリペイやwechatで支払える。決済は完了した後で、ドアを開けて利用者を通行させることができる。

 

画像引用元:http://news.163.com/17/0808/22/CRBOH9S0000187VE.html

 

しかし、出店の初日に無人コンビニの欠点を体験者に見つけられた。一つ目は、ある体験者は会計していない商品のラベルを遮たことで、感知装置はその商品がまだ勘定していないということを識別できなく、体験者を通行させる。二つ目はスマートレジに商品を積んで、感知装置が商品の数量を正確に識別できなく、商品をばらばら置けば数を識別できるようになる。三つ目は、感知装置は5秒延ばすというデメリットがある。出入り口は同じなので、もしこのときに他の利用者は入店すれば、決済していない消費者は5秒延ばす欠点を利用し、コンビニから逃げるのは可能だ。

 

梁咏嘉

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。