切符なし時代

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

広州以外、だんだん多くの都市はQRコードで乗車するサービスを提供し始めた。深センもその一つである。

2018年1月19日、深センでは全てのバスは既にQRコードで払うことを実現した。さらに、5月8日では、深セン地下鉄も乗車用QRコードを提供し始め、乗客がQRコードをスキャンし、直接に地下鉄に入れた。現在、11号線の商務列車以外、全ての地下鉄駅がQRコードで乗車できる。

 

画像引用元:http://sn.people.com.cn/BIG5/n2/2018/0509/c378296-31554874-3.html

 

しかし、深センではQRコード乗車サービスを提供するプログラムは少ない。現在、深センではバスは「深セン通」プログラムのQRコードだけが使える。地下鉄側は、深セン地下鉄公式app、「深セン地下鉄e出行」プログラム、ウィーチャットの乗車用QRコードプログラム、「深センlive+」プログラムだけがQRコードを提供する。だが、深セン地下鉄はアリペイ、金融ICカード、中国銀聯QuickPassなどの支払い方式を計画しており、まもなく使用し始める可能である。

QRコードの乗車サービスの使用方法も同じであり、QRコードをスキャンし、直接にバスや地下鉄に乗れる。そして、全部はプリペイドなし、乗車した後、料金を差し引くのである。QRコードも定期的に更新し、しかし一人が一つのQRコードだけを使用でき、さらに多重の偽造防止技術を採用し、安全性も比較的に高いのだ。

現在、無現金支払いは既に支払いの主流になっており、今後より多くの都市がQRコードで乗車できるサービスを提供する見込みだ。切符なし時代はもう始めた。

 

資料引用元:
http://m.bendibao.com/show800691.html
http://www.sohu.com/a/230770792_355737
http://jt.sz.bendibao.com/news/201851/803577.htm

 

筆者:黄燕

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。