大理(4)

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

或者,背上背囊,骑着车,沿着环海公路,围绕洱海惬意骑行。洱海骑行共有两条路线:一条是休闲骑行路线:从大理古城出发,途径才村,到达喜洲,游玩过后,原路返回,顺路绕去崇圣寺三塔,再回大理古城。

 

或いは、バッグを背負ってバイクに乗って、洱海を囲む道路に沿ってゆっくりサイクリングするのも悪くありません。洱海の道路をサイクリングするには、二つの路線が選ばれます。一つはカジュアルの路線です。大理古城から出発し、才村を経由、喜洲に着き、遊び終わったら戻り、途中でついでに崇聖寺三塔に寄って、最後に大理古城に戻ります。

 


洱海の美景

 

另一条路线则是环海一周:依旧从大理古城出发,按照顺时针方向环绕洱海一周,途径喜洲、周城、双廊等古村镇,并可欣赏到“风花雪月”这四大名景,即:下关风、上关花,苍山雪、洱海月。这条路线全程约42.58公里,一般需要骑车两天,比较耗费体力。如果您愿意的话,也可以选择租用电动车或开车。

 

もう一つの路線は洱海をサイクリングすることです。途中に喜洲、週城、双廊などの古町を経由し、「風花雪月」という四つの名勝が見ます。「風花雪月」は即ち下関の月、上関の花、蒼山の雪、洱海の月です。この路線の全長は42.58キロで、普通は2日間がかかり、体力の消耗も多いです。もしお好きなら、電動自転車をレントして、或いは車で行くのもいいです。

 


洱海の美景

 

几乎每一个去大理游玩的人都会感叹于她秀丽的风景和千年沉淀下来的民族文化。不过去大理旅游,还请需注意以下几点:一、大理地处云贵高原,平均海拔在2000米以上,紫外线强烈,一不注意,将会被晒出如当地人一样的黝黑肤色,所以请务必做好防晒措施;

 

大理へ行く人は誰もその美しい景色と千年に伝わって来た民族文化に嘆くでしょう。ところで大理へ行く時に、下記の5点を注意しなければなりません。一つ、大理は雲貴高原にあり、平均海抜が2000メートル以上、紫外線がひどく、ひょっとしたら焼けどになってしまい、お肌が地元の人々のように黒くなります。だから、日焼け止めの措置を取らなければなりません。

 


洱海の傍の白族の住居

 

二、下关风其实并非那么的浪漫,大理风大,冬天时最好带上保暖的帽子,否则那强劲的风会让您深刻感受到什么叫做“风中凌乱”;

 

二つ、下関の風は想像のようにロマンチックではなく、すごく大きくて寒いです。冬に保温の帽子をかぶった方がいいです。でなければ強い風によって「風の中で混乱する」ということに深く感じさせられます。

 


白族の建築

 

三、虽然说大理四季如春,温差不大,不过这也只是针对全年而言,事实上一天当中,早晚寒冷中午温暖,如果您无法保证在太阳下山前回到酒店,那请带上一件方便穿脱的保暖外套,以免晚上着凉;

 

三、大理の四季は春のように、温度差が多くないと言われるが、全年範囲で評判しているなのです。実際、一日中に、朝晩は寒く、昼は熱いです。もし日の入の前にホテルまで戻ることを保証できないなら、夜に風を引くのを避けるために、着脱便利なコートを持ち歩いた方がいいです。

 


白族の建築

 

四、大理作为旅游城市,在旺季即每年的春节、国庆等黄金周以及寒暑假期间,机票、车票、住房等将变得非常紧张,如果您计划在此期间出行,请务必至少提前一个半月订好机/车票和酒店;

 

四、大理は観光都市として、毎年の春節、国慶節などのゴールデンウイーク、夏休みと冬休みは最盛期です。飛行機も新幹線もホテルもいっぱいになります。もし最盛期に大理へ行くことにしたら、ぜひ一か月半の前に飛行機/新幹線のチケットとホテルを予約してください。

 

五、大理比较适合休闲旅游,所以请不要将自己的行程安排得太满,轻松一些,散漫一些,这样才能放松自己更好地感受当地的美。

 

五、大理はのんびりと休みを過ごせるのに適切なので、スケジュールをあまりにきつくないほうがいいです。ゆったりして、気ままにしてからこそリラックスできて、大理の美を感じられます。

 


蒼山及び山下の村

 

对于旅途中的重头戏——品尝当地美食,则不需再多介绍,云南本就是美食王国,而大理依山傍水,食材新鲜,种类丰富,绝对不会委屈您的舌头和肚子。
希望您也能在大理度过一个美好的假期。

 

旅行に一番大事なこと――地元の美食に対して、多く紹介しなくてもいいです。雲南省はもともと美食の国であり、山を背に川に臨む大理では、食材がとても新鮮で、種類も多く、絶対にお楽しみいただけます。
大理で楽しい休みを過ごせるようにお祈りします。

 

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!