転職での話

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

昨日、総経理と面談して、会社を辞めるという気持ちを伝えました。

あまりにも驚いていたので、もともと専門用語は英語だから、身につけた英語を今回の仕事で生かしておきたいという辞める理由を述べた後、総経理は「君はやることをやりたいので、それはいい、私だっていろいろやりたいことが沢山あるのだ。」と答えて、承認を貰いました。

画像引用元:

https://pixabay.com/ja/%E3%83%89%E3%82%A2-%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E6%84%8F%E6%80%9D%E6%B1%BA%E5%AE%9A-%E6%A9%9F%E4%BC%9A-%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E5%85%A5%E5%8A%9B-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8-1974014/

正直、この〇〇という会社にいたのは2年未満ですけれども、自由で楽しかったです。私の仕事量は少ないので、毎日外出できます。仕事した後に、遊びに行くことが出来る、正直に言うと、怠け者である私には一番合っている仕事と言っても過言ではありません。でも、このままいけば、私には何にも勉強する事がなかったので、もし一旦この会社が閉鎖したら、一体私の行き道はどこなんだろと思いつつ、この仕事をやめました、日本語関係の仕事ではなく、他業界へチャレンジしに行きたいです。

 

楊子

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。