ようこそ、南アジアの一番美しい所…….スリランカ(2)

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

インドの南に位置しているスリランカは平和で幸福な国としても、美しさがで満ちている国として世界中に有名になっています。この文章では、スリランカの国内の事を紹介するようにしています。

 

スリランカのお正月(しょうがつ)

 スリランカでは、だいたい4月(がつ)13日(にち)か14日(か)がお正月(しょうがつ)です。この日(ひ)は、シンハラ人(じん)にとってもタミール人(にん)にとっても大切(たいせつ)な日です。昔(むかし)から、お正月(しょうがつ)が近(ちか)づくとみんな一生懸命(いっしょうけんめい)にいろいろな準備(じゅんび)をします。新(あたら)しい服(ふく)を買(か)ったり、家(いえ)を掃除(そうじ)したりします。家(いえ)にはペンキを塗(ぬ)ったりして外見(がいけん)もきれいにします。

仕事(しごと)で町(まち)に住(す)んでいる人(ひと)たちは、お正月(しょうがつ)の前(まえ)に田舎(いなか)へ帰省(きせい)します。
皆(みんな)、お正月(しょうがつ)の前(まえ)に買(か)い物(もの)に行(い)くので、デパートや商店街(しょうてんがい)はおおぜいの人々(ひとびと)で混(こ)み合(あ)い、忙(いそが)しくなります。また、町(まち)でも田舎(いなか)でも露店(ろてん)が増(ふ)えます。

 

お正月料理

 

お正月(しょうがつ)の時期(じき)は、あちこちからカッコウのきれいな鳴(な)き声(ごえ)が聞(き)こえてきます。エラバドウという花(はな)が咲(さ)いて、風景(ふうけい)もはなやかになります。

どこの家(いえ)でも、お正月(しょうがつ)の前(まえ)の日(ひ)までに買(か)い物(もの)を終(お)え、お正月(しょうがつ)の料理(りょうり)も作(つく)ってしまいます。伝統的(でんとうてき)なお正月料理(しょうがつりょうり)には、いろいろな種類(しゅるい)があります。また、地方(ちほう)による違(ちが)いもあります。

両親(りょうしん)とはなれて暮(く)らしている人(ひと)は、お正月(しょうがつ)にプレゼントを持(も)って両親(りょうしん)のもとに帰(かえ)ります。お正月(しょうがつ)に両親(りょうしん)のところに帰(かえ)らない人(ひと)はいません。お正月(しょうがつ)には、料理(りょうり)を持(も)って、友達(ともだち)や親類(しんるい)や近所(きんじょ)の家(いえ)を訪問(ほうもん)したり、家族(かぞく)にごちそうしたりします。

親(した)しい関係(かんけい)の人々(ひとびと)は、お互(たが)いにプレゼントをあげたりもらったりします。近所(きんじょ)や親類(しんるい)との間(あいだ)に何(なに)かいざこざがあって、関係(かんけい)が気(き)まずくなっていても、お正月(しょうがつ)にキンマの葉(は)をあげて挨拶(あいさつ)することで、お互(たが)いにいやなことをすっかり忘(わす)れてしまうことにしています。

お正月(しょうがつ)に子供(こども)が一番喜(いちばんよろこ)ぶプレゼントは花火(はなび)です。今(いま)はいろいろな種類(しゅるい)があります。また最近(さいきん)は、新(あたら)しい本(ほん)をお正月(しょうがつ)のプレゼントにするようになってきました。子供(こども)たちはみんな、花火(はなび)をしたりブランコに乗(の)ったりお正月(しょうがつ)ゲームをしたりして、楽(たの)しく過(す)ごします。

長(なが)い間受(あいだう)け継(つ)がれてきた伝統的(でんとうてき)な習慣(しゅうかん)が、今(いま)もたくさん残(のこ)っています。田舎(いなか)の小(ちい)さな家(いえ)から首都(しゅと)の大(おお)きな家(いえ)まで、すべての家(いえ)で決まった時間(じかん)にミルクを沸(わ)かします。そしてミルクライスをつくります。決(き)まった時間(じかん)(星(ほし)の位置(いち)によって決(き)められた時間(じかん))に、国中(こくじゅう)のどの家(いえ)でも家族全員(かぞくぜんいん)が食卓(しょくたく)に着(つ)き、父親(ちちおや)が子供(こども)にミルクライスを食(た)べさせます。

お正月(しょうがつ)になると、同(おな)じ時間(じかん)に大人(おとな)は仕事(しごと)を始(はじ)め、子供(こども)は、新(あら)たに本(ほん)の読(よ)み始(はじ)めや字(じ)の書(か)き初(ぞ)めなどをします。ビジネスマンが商売(しょうばい)でお金(かね)を扱(あつか)い始(はじ)めるという習慣(しゅうかん)もみられます。そういう時(とき)に、子供(こども)たちにもお金(かね)のプレゼントがもらえることもあります。

お正月(しょうがつ)には、伝統的(でんとうてき)なスポーツも行(おこな)われます。子供(こども)たちも大人(おとな)たちもいっしょになってお正月(しょうがつ)の運動会(うんどうかい)をします。勝(か)つためではなく、みんなで楽(たの)しい時間(じかん)を持(も)つために参加(さんか)します。ちょっと例(れい)を挙(あ)げて見(み)ましょう。

かけっこや水泳競争(すいえいきょうそう)、パン食(ぐ)い競争(きょうそう)や伝統的(でんとうてき)な詩(し)を歌(うた)うコンクール、すべる木(き)に登(のぼ)る競争(きょうそう)など、さまざまです。そのほかにアウルズクマ(あうるずくま)ーリ(り)という美人(びじん)コンテスト(こんてすと)もあります。女(おんな)の子(こ)がこぞって参加(さんか)する行事(ぎょうじ)です。

このように、スリランカのお正月(しょうがつ)は、人々(ひとびと)がお互(たが)いのきずなを深(ふか)めあう、喜(よろこ)びに満(み)ちあふれた大切(たいせつ)な行事(ぎょうじ)なのです。

 

Rev. Paranagama Gnanawimala
パラナガマ ニャーナウィマラ、
華南師範大学、広州,中国

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!