一人の楽しさ

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

大学に入ってから、いつもそばに居ってくれる友達が少なくなったので、一人の時間もたまたまありました。

去年、初めて一人で山登りに行きました。元々友達と約束したのですが、彼女は急に用事があるので来れなかったのです。せっかく来たのでそのままで帰ったらなんか悔しいと思って、一人で登ろうと決めました。

最初は話す人もいなくて寂しくてたまらなく、途中雨も降って道にも迷ってしまいました。ホント最悪だ、もう帰りたいと思っても、道をわからなくて仕方なくそのまま待つしかなかった。幸いにまもなく雨が止んで、他のここ登山に来る人もだんだん見れてきました。彼らに従って、なんとなく道をわかって順調に進んできました。その時間もだんだん楽しくなってきました。そこの綺麗な風景からいい匂いする空気までに惹かれました。まるでさっき何もひどい目にあわなかったような気がしました。そして最後に、4時間をかかって、私は西門から東門までその山を乗り越えました。着いた瞬間すごい達成感でした。「一人もできるじゃん!山登りは楽しい!」と、抑えない喜びが溢れてきました。

 


画像引用元:http://cdn.duitang.com/uploads/item/201201/10/20120110201253_XhPS2.jpg

 

人は大抵一人のが嫌なんでしょう。「一人で絶対楽しくないよ」と、よく口にする人もたくさんいます。でも生きているだけで、たまに一人で過ごさなければなりない時間も避けないでしょう。その時間にも楽しさを見つけられば、幸せなことだと思います。あの時、一人でも最後までその山を乗り越えて本当よかったです。

 

鍾嘉慧

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。