レイチャ(擂茶)①

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

在认识擂茶之前,我一直以为,中国茶只包括红茶、绿茶、白茶、花茶、乌龙茶、普洱茶这些以冲泡为主的茶,以及一些少数民族独有的茶如西藏的酥油茶和内蒙的奶茶。从来没有想过,原来还有一种茶,从原料、做法到喝法,都会极其特别,这就是擂茶。

レイチャ(擂茶)を知る前に、中国の茶は紅茶、緑茶、白茶、花茶、ウーロン茶、プーアル茶などお湯を入れるお茶、およびチベットのバター茶と内モンゴルのミルクティーなどの少数民族独有の茶だけと思っていました。この世間で、原料や作り方から飲み方まで全く違うお茶があるとは思いませんでした。それはレイチャ(擂茶)といいます。

 

画像の引用元:http://www.gntcw.com.cn/goods.php?id=111

 

相传,擂茶文化起源于古代中原,由于战乱,随客家人一路南下,流传到广东、湖南、江西,其中以广东汕尾、湖南益阳等地最为出名,是客家人的传统饮食文化之一。在广州天河南一路上,有一家专营广东汕尾特色小吃的店,叫做“擂咸茶•汕尾特色美食”。我就是在这里,第一次与擂茶相遇。

レイチャ(擂茶)は中国古代の中原地区から源を発します。戦争によって、客家人に連れて南下し、今の広東・湖南・江西省に伝わってきました。その中に、広東省の汕尾、湖南省の益陽のレイチャ(擂茶)は特に有名で、客家人の伝統的な飲み物となっています。広州の「天河南一路」街で、広東省の汕尾地区の特色のある軽食をもっぱらに経営する「擂咸茶•汕尾特色美食(レイチャ(擂茶)・汕尾の特色美食)」という店があります。私はそこで、始めてレイチャ(擂茶)と出会いました。

被端上来的擂茶,不是装在茶壶里面的,而是盛在一个茶色的大碗里面。碗内是绿油油、看起来似乎有点浓稠温热的汤汁,旁边围着几个小碟,分别盛着菜粒、虾干、萝卜干、花生米、炒米等配料。按照店员的介绍,我们用大木勺把茶汤舀到各自的小碗里,根据自己的口味适量加入各种配料,再用小勺子喝。

運ばれたレイチャ(擂茶)はティーポットの中に盛られるではなく、茶色の大きい茶碗の中に盛られています。茶碗内には緑色の濃いぬるま湯です。傍らにいくつかの小皿が囲んでいて、それぞれ野菜の粒、干しエビ、落花生の実、切干大根、いり米などのおつまみを盛っている。店員さんの紹介に従って、我々は大きいひしゃくで茶湯を自分の茶碗の中にくんで、自分の口に合わせて好きなおつまみを加えて、小さな匙で飲みます。

 

画像の引用元:http://tupian.baike.com/a1_08_39_01300542524709139955396816425_jpg.html

 

②に続く

 

作者:楓

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!