交通カード、現金を忘れてもバス、地下鉄に乗れる?

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

「インターネット+」の推進に従い、中国では無現金支払いはブームになっている。公共交通領域でも支払い方式を革新している。現在、QRコードをスキャンし、直接にバスや地下鉄に乗れる。

広州は中国国内初の公共交通領域でテンセント社と連携してQRコードの乗車サービスを展開する都市である。2017年8月末、広州BRTバスは初めて直接にQRコードをスキャンして払うサービスを始めた。そして、同年11月16日、APMラインと路面電車以外の地下鉄駅はすべてQRコードで地下鉄に入ることを実現し、数万人の乗客に体験させられた。現在では、全ての地下鉄駅はQRコードをスキャンし支払える。ほぼ毎台のバスはQRコード支払い設備を備える。

 

画像引用元:http://www.sohu.com/a/154018255_701816

 

QRコードでバスや地下鉄に乗ることはたいへん便利で簡単である。スマホで乗車用のQRコードの界面を開き、コードをスキャンし、60秒もいらなく支払いが完成できる。

また、QRコード支払いもいろいろな方式が選べられる。現在、ウィーチャット、アリベイ、中国銀聯、羊城通app、ApplePayなどの都市サービスappはQRコード乗車サービスを提供する。乗客はソフトのQRコードをアクティブした後、直接にQRコードをスキャンしてバスや地下鉄に乗れる。さらに、ウィーチャット、アリペイはプリペイドなしに乗車した後、料金を差し引く。

現在、外出にはスマホだけ持っても多くの交易を完成できる。それこそ、科学技術の進歩が我々の生活により便利になる表現の一つである。

 

資料引用元:
http://gz.bendibao.com/life/20171211/237058.shtml
http://www.gz.gov.cn/gzgov/zxfwu/201707/320f4984d71e4ba8a588c8e62b1c0131.shtml
http://www.gz.gov.cn/gzgov/bmgg/201711/d47f0611ed37442a9650e770fe6a9919.shtml
http://jt.gz.bendibao.com/news/2017627/232499.shtml
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1598223026402659467&wfr=spider&for=pc

 

筆者:黄燕

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。