ライチコック駅近くのアパレルの問屋街 後編

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)

香港華南地区問屋街リポート 第65回
~香港工業中心のご紹介~
 
前回は、ライチコック(荔枝角)駅のC出口からの行き方をご紹介しました。今回は、引き続き香港工業中心の建物内をご紹介します。香港工業中心は、ライチコック駅側のA座とその向かいにあるB・C座の2つに分かれています。
では、まずはB・C座側を写真を交えてご紹介します。以下は1階です。
 
 
ここから2階に上がれます。2階は「太陽城(Designer Club)」と呼ばれているようです。
 
こちらは2階です。
 
続いて、以下はA座です。
 

ライチコック駅のC出口を出て上を見上げると、「香港工業中心」と書かれた看板がちゃんとありますね。

 
では、次回は別の問屋街をご紹介します。
 
 
問屋街オタク
鈴木陽介
アイデアポート・グループ代表
www.ideaport.com.hk
 
※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は問屋街の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。
 

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。