飛翔公園駅近くの広州駅近くの音響と映像の問屋街 後編

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

香港華南地区問屋街リポート 第55回

~広東音像城の内部のご紹介~

 

前回は飛翔公園駅から広東音像城までの行き方をご案内しました。今回は建物の中をご紹介しますが、

この建物の中は、実は音楽や映像に関するソフトや機器を売っているだけではなく、この辺り一帯はすべて、

化粧品や美容品関係の問屋街となっています。

そのなかで、なぜかこの建物の4階だけが音楽や映像に関する問屋街となっております。

では、写真を交えてご紹介します。

 

こちらは、建物の正面入り口全体の写真です。

 

1階~3階は無視して4階に上がってください。

以下は、4階の写真です。

 

このように、多種多様な、音響ソフト、映像ソフトが販売されております。

世界で売られているこれらのソフトは、ほとんどがここから仕入れられているのでしょうか?

 

4階は、世界ビニールセンターと書いてあります。

 

このように、下へ降りると化粧品の問屋街となっております。

 

それでは、次回は引き続き化粧品や美容関係の問屋街をご紹介します。

 

 問屋街オタク
鈴木陽介

アイデアポート・グループ代表
www.ideaport.com.hk

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は問屋街の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!