南山の高級アパレルの問屋街 後編

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

香港華南地区問屋街リポート 第39回

 ~南油第一工業区の内側に位置している各建屋をご紹介~

 

前回は、南油第一工業区の外輪に位置している各問屋街をご紹介しました。今回は引き続き、エリアの内側に位置している問屋街をご紹介します。

とにかく、問屋街の建屋が多く、アパレルの種類も多過ぎて、とてもひとつひとつをご紹介することはできません。ここでは写真である程度ご紹介するに留めますので、もっと詳しくお知りになりたければ、ぜひ直接足を運んで肌で感じてください。ただ、注意点として、9時や10時に行くと朝早過ぎてほとんどのお店が閉まっていますので、11時くらいに到着するように来てださい。

では、「茘秀服飾文化街区」のもう一棟の建屋から、写真を交えて順番にご紹介します。

 

 

ここをさらに東に突き抜けると、前回ご紹介した「南油時装原創中心」と「万豪時装原創設計中心」などがある、南油第一工業区の東端に辿り着きます。

ここ南油第一工業区の問屋街は、オシャレな服装を扱っているお店が多いお蔭か、オシャレな女性が多かったのも印象的でした。

とにかく品揃えは豊富です。アパレル関係のお仕事をされている方が目的の商品を見つけられるかはわかりませんが、ただ見て回るだけであれば半日もあれば十分です。深センに来られた際にはぜひ一度寄られてはいかがでしょうか?

 

では、次回はまた別の問屋街をご紹介します。

 

問屋街オタク
鈴木陽介

アイデアポート・グループ代表
www.ideaport.com.hk

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は問屋街の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!

前の記事

中国過去録12(6)

次の記事

USBミニファン