様変わりした華強北の電気街 後編

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

香港華南地区問屋街リポート 第36回

~新華強北電気街を解説~

 

実は、華強北はここ数年間はずっと工事中で、メインストリートの景観はあまりよくありませんでした。地下鉄の工事と大通りの整備とが相まって、大通りの中央は薄い鉄板製の塀のような柵が張り巡らされておりましたが、2016年の年末ごろからそれが取り払われました。

ただ、その頃はまだ通りの中央は歩けるものの整備中といった感じでしたが、今年の春節の頃にはすっかり自由に歩けるようになりました。そして、ここ最近では、大通りに設けられた花壇兼休憩用の椅子で人が座る光景も随所に見られるようになりました。もはや一種の観光名所です。

警察も治安の維持と環境保全に心血を注いでいるらしく、特に、このメインとなる大通りは、自転車、電動自転車、バイクなどの通行が一切禁止になりました。随所に巡回のお巡りさんが配置されており、これらの乗りものに乗って中を通ろうとすると、ピーッと笛が鳴って追い払われます。私が見る限り、たいていの人はお巡りさんの指示に従って仕方なく回り道をしますが、中には聞こえないフリをして強行突破する人もいます。ただ、このような人は10人に一人もいないくらいです。

では、話はこれくらいにして、あとは写真を交えてご紹介致します。

 


華強北駅に新たに7号線が通りました。

 


ここはメインストリートの北の端付近です。巡回のお巡りさんが目を光らせています。

 

これまでは、華強北電気街の最寄り駅といえば、並列に走っている地下鉄1号線の華強路駅と地下鉄2号線の華強北駅の2つだけでした。

現在では、地下鉄7号線が縦に通っており、北から順に、華新駅、華強北駅(2号線に乗り換え可能)、華強南の3駅があります。このように、ただ単に道がキレイになっただけでなく、交通の便も見違えて良くなりました。

以前の工事期間中に来られて印象を悪くされた方は、ぜひもう一度お越しいただきたいです。

 

では、次回はまた別の問屋街をご紹介します。

 

問屋街オタク
鈴木陽介

アイデアポート・グループ代表
www.ideaport.com.hk

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は問屋街の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。