三元里駅近くのベルトとカバンとスーツケースの卸問屋街 中編

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

香港華南地区問屋街リポート 第32回

~ベルトの問屋街「広州市鴻昇国際皮具皮帯城」のご紹介~

 

それでは、引き続き三元里村の真横にあるベルトの問屋街「広州市鴻昇国際皮具皮帯城」をご紹介します。

前回お伝えした三元里村と書かれた中国式の鳥居を左手に見ながらそのまま真っ直ぐ進むと以下の場所に辿り着きます。

 


この建屋のお店ではベルトやカバンを中心にさまざまな種類の革製品が取り扱われています。

 


先程の建屋の隣です。別の建物ではなくつながっています。そして、ここがベルトの問屋街である「広州市鴻昇国際皮具皮帯城」の入口でもあります。

 


こちらが正面入口です。正面入口の左右のお店は、革製品ではなく、それらを入れる包装用の化粧箱が売られています。

 

以下は、この建屋の2階にあるベルトの問屋街です。

 


このように、ベルトだけを販売しているお店が無数にあります。

 


こちらは2階の端で、ここを下ると最初の入口に出ます。

 

では、次回は、ここ三元里駅付近の問屋街のメインである。カバンとスーツケースの問屋街をご紹介します。

 

問屋街オタク
鈴木陽介

アイデアポート・グループ代表
www.ideaport.com.hk

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は問屋街の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。

前の記事

中国過去録7(3)

次の記事

中国過去録7(4)