香港モンコック駅付近のスマホと金魚と靴の卸問屋街 後編

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

香港華南地区問屋街リポート 第17回

~金魚の問屋街「金魚街」と靴の問屋街~

 

前回は、モンコック(旺角)駅のすぐ近くにあるスマホの問屋街、「先達広場」をご紹介しましたが、今回はその先にある金魚の問屋街をご紹介します。

では、先達広場からの行き方をご案内致します。

先達広場の裏口から先達広場を右手に見ながら更に奥へ進むと下記の十字路まで辿り着きます。

 

 

金魚の問屋街、その名も「金魚街」は、この道路の先一帯に広がっています。
手前の幹線道路は交通量が非常に多いため、安全のため上にある歩道橋を使って向こう側まで渡ってください。

以下、金魚街の写真をいくつかご紹介します。

 

 

この辺一帯は金魚街と呼ばれているものの、売っているのはもちろん金魚だけでなく、水槽で飼うような鑑賞用の小魚を扱っているお店が多く集まるところです。小袋単位で値段がつけられて売られています。

 

では、最後におまけとして、靴の問屋街も少しご紹介します。

地下鉄モンコック駅のE2出口を出て真っ直ぐ進むと、女人街という有名な買い物スポットに辿り着きますが、女人街を横切ってさらにもう1ブロック進むと、靴を扱っているお店が集まる通りに辿り着きます。

以下、写真で通りの様子をご紹介します。

 

 

では、今度はまた別の香港華南地区の問屋街をご紹介します。

 

問屋街オタク

鈴木陽介

 

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・トレーディング代表:www.ideaport.com.hk)

 

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は問屋街の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。