「世界各国の幸せの先食い」は継続できるか?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

(2017年下半期予想?経済指標に騙されていていけない)

私はよく世界の経済について語る時、この言葉を使用する。「幸せの先食い」。これは世界各国が金融緩和をして、実態経済の裏付けがないお金を刷り続け、無から有を作った錬金術を使用した結果、株価、不動産価格は、日本以外のほとんどの国で史上最高値をたたき出して株高、不動産高を演出し、ないお金をあたかも利益が出たように勘違いをさせて消費に回させた結果、「幸せの先食い」が世界各国で発生した。(特に中国、アメリカ、イギリス、フランス等々)(日本は、国民性、敗戦国、預金洗脳等から幸せの先食いをしてる人は少ない。)

 


画像引用元:
https://pixabay.com/ja/dollar-%E9%80%9A%E8%B2%A8-%E3%81%8A%E9%87%91-us-dollar-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%A5%9E%E5%83%8F-517113/

これにより、世界経済はゴムがパンパンに伸びた状態になっている。早めに冷やして正常に持っていきたいが、今冷やすとどこまでのインパクトがあるか想像すると簡単に冷やせない。(リーマンショックどころではない規模のリセッションが発生すると考えられる。)

但し、ないお金を消費に回し拡大し続けることはできない。このペースで株、不動産が値段が上がり続け、車が増え続けると、5年で世界は道路はパンク(大渋滞)する。そんなことは続かない。いつかは終焉が来るのだ。(パーティ-は終了する。)現在はその曲がり角に突入寸前の状態だと私は考えている。

現在、毎日世界の経済指標が発表される。2016年11月9日トランプがアメリカの大統領になってから、良い指標が多く発表され世界経済良好のように見える。世界景気拡大期だなどど、マスコミは一喜一憂して書き立てている。ただこれに騙されてはいけない。(指標などに騙されて株などを購入してはいけない。)ないお金を刷り続け、消費に回し、幸せの先食いをした結果、良い数字が発表され、株価、不動産が上がっている。一旦蛇口を閉めると、今後出てくる世界の経済指標は毎回悪い結果が出てくる。その時になるとものすごいエネルギーで株、不動産が売りたたかれる。(株、不動産が安くなったとからと押し目買いで購入してもいけない。)

 


画像引用元:
https://pixabay.com/ja/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B7%9D-%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-%E5%BB%BA%E7%89%A9-%E6%B0%B4-%E9%87%91%E8%9E%8D%E5%9C%B0%E5%8C%BA-%E8%B6%85%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%83%93%E3%83%AB-255116/

 

マスコミに踊らされず、「あくまでも実態価格はいくらなのか?」を考えて行動に移すことが最も重要であると考えられる。

 

※1年以上資産バブルの終焉を予想し、まだ終焉を迎えていない状況が続いていますが、もう目の前に来ていると私は考えています。さて今後の結果はどうなるでしょうか?
(2017年7月5日 記)

 

中尾泰隆
「お金」のコンサルタント 中尾泰隆 nakao@fujiseiko.com.cn
日本の証券会社に2年半。日本の金融市場に限界を感じ2003年に渡中。
華南地区でコンサル会社、工場等で主に財務会計を担当。
現在は日中香越の企業で顧問として従事しながら、世界の金融市場で独自の理論で株、為替、不動産等に投資を行い非常に高い収益を上げている。華南地区でお金に関する相談(個人、企業)等も随時対応している。

得意分野を生かし毎日異なる場所で働く、新しい働き方を実践している。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!