仲間入りをするとき、いかにしていいカモになるのを避けますか。②

(この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。)

入伙时,如何避免做冤大头?②

关键词:合伙 入伙 债务
キーワード:パートナーシップ 仲間いり 債務

 

玛丽不紧不慢地说:“如果确实经营亏损,你的厨艺获得咱爸的真传,定会扭转局面。在债务承担上,如果他俩的合伙企业是有限合伙企业,你在入伙时要求成为有限合伙人,只需要以你的出资额五万元为限承担入伙前的债务,并约定你可以向他二人追偿;如果他们的合伙是普通合伙,现在入伙要对这个债务承担无限连带责任,但可以书面约定你在承担入伙前的债务后向他二人追偿。”

マリーは穏やかに「もし確かに経営に損失を受けた場合、あなたはお父さんの料理の腕を継いだので、必ず情勢をひっくり返すことができる。債務の負担では、もし彼らの企業は有限企業であれば、仲間入りの前に、有限仲間の身分で、あなたの出資額の五万元だけを限界として、仲間入りの前の債務を背負うということを要求すべきよ。しかも彼らに求償できることをも約束すべきよ。もし彼らの仲間入りは普通の仲間であるなら、今仲間入りをするとこの企業の債務に対して無限連帯責任を背負わなくてはならない。しかし、書面をもって、仲間入りをする前の債務を背負ったあと、彼らに求償できることを約束する。」と言いました。

 


画像引用元:http://lawyer.9ask.cn/library/lists-0-0-3411-0-0-0-0.html

大卫听后,一个劲儿地感谢姐姐,父母放心地把钱给了大卫。大卫拿着父母给的五万元入伙资金、姐姐起草的入伙协议,信心满满地去找艾伦、杰克了。

ダビデはあ姉さんの話を聞いたあと、ひたすらお姉さんに感謝します。親は安心してお金をダビデに渡しました。ダビデは親の渡した五万元の仲間入り資金と姉が書いた仲間入り契約を持って、自信満々でアレンとジャックを会いに行きます。

总之,入伙前,做足功课,避免成为冤大头很重要,您学会了吗?

つまり、いいカモにならないように、仲間入りをする前に、状況を明確にし、よく準備することが何より大切です。勉強になりましたか?

 

附:相关法律条文
《中华人民共和国合伙企业法》(2006年修订)
第四十三条 新合伙人入伙,除合伙协议另有约定外,应当经全体合伙人一致同意,并依法订立书面入伙协议。
订立入伙协议时,原合伙人应当向新合伙人如实告知原合伙企业的经营状况和财务状况。

関係する法律条文
『中華人民共和国仲間入り企業法』
第四十三条 新たなパートナーが入るとき、仲間入り契約にはほかの約束がある状況を除き、全てのパートナーの一致の賛成を経て、それに法律によって、書面の仲間入り契約を結ぶべきである。
仲間入り契約を結ぶとき、元のパートナーが新たなパートナーに正直に元の企業の経営状況や財務状況を告げるべきである。

第四十四条 入伙的新合伙人与原合伙人享有同等权利,承担同等责任。入伙协议另有约定的,从其约定。
新合伙人对入伙前合伙企业的债务承担无限连带责任。

第四十四条 仲間入りの新たなパートナーは元のパートナーと同じ権利を享有し、同じ責任を背負う。仲間入り契約にほかの約束があるとき、その約束に従う。
仲間入りをする前の元の共同企業の債務に対して、新たなパートナーが無限連帯責任を背負う。

第七十七条 新入伙的有限合伙人对入伙前有限合伙企业的债务,以其认缴的出资额为限承担责任。

第七十七条 新たな有限パートナーは仲間入りをする前の有限会社の債務に対して、払込確認の出資額を限界として責任を背負う。

 

作者:李睘宇
執筆者:李睘宇

 

文章提供:
AcmeArdent Legal Studio
acmeardent.com

プロフェッサー・サイモン
simonhkchoi@163.com

プロフェッサー・サイモンは、イギリス、香港でのキャリアが長いベテランの弁護士です。北京大学、ロンドン大学及び香港大学法学院を相次いで卒業し、これらの教育背景に基づく中国法及び英米法への深い理解と20年を超える国際投資、金融及びM&Aの経験をもち、現在はAcmeArdent社の創業パートナーを務めています。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。