サイモンが語る:社員が怪我 会社は免責条項で免責できるのか?

(この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。)

西门说法:员工受伤,免责条款能否免责?

 

关键词:免责条款;无效;人身损害

キーワード:免責条項、無効、人身損害

 

内容:

ケース:

 

林海今年26岁,从农村老家来到上海,正式变成了魔都打工仔。

林海は今年26歳で、農村から上海に来て、上海の出稼ぎ者になりました。

 

画像引用元:http://m.sohu.com/n/486734358/?mv=3&partner=baidu

 

“我的工作信条是奉献与服从。”他对公交车公司面试官说。面试官轻蔑地一笑,说:“行,那明天就来签合同吧。”林海凭着自己多年驾车经验和良好的表现,成功地得到了在公交车公司的驾驶员职位。

「私の仕事の信条は献身と服従です。」彼はバス会社の面接官に言いました。面接官は嘲り笑って、「いいよ。明日契約を結びに来てください」と言いました。林海は長年の運転経験とよい態度で成功にバス会社の運転手の職位をもらいました。

 

第二天,林海兴高采烈地来签合同。“这是我迈向成功的第一小步。”林海暗暗对自己说。可是合同上一句话使他瞬间气馁。“本公司对于员工的人身损害概不负责,员工自己承担一切风险。”这句免责条款赫然写在合同上,显得异常刺眼。“林先生,驾驶公交车是有一定的安全风险的,请您认真阅读合同内容后再决定是否要签署合同。”公司人事经理笑眯眯地说。林海心想:“现在的公司竟然对于员工如此刻薄。”不免有些心灰意冷,但是想起自己捉襟见肘的经济状况,林海无奈地签了合同。“你驾车技术娴熟,只要开车注意一点就好了。”人事经理在旁安慰他。

翌日、林海は喜びに溢れて契約を結ぶために来ました。「これは成功への第一歩だ」と林海は思いました。しかし、契約書に書いてある一つの条項を読んだ彼は、一瞬でしょげました。「本社は社員の人身損害に対し一切責任を負わず、社員は自ら一切の責任を負う」という条項が契約書にはっきり書いてあり、彼の気分を悪くさせた。「林さん、バスを運転するのはリスクがあるので、ぜひ真剣に契約書の内容を読んだ後、契約を結ぶかどうか決めてください。」会社の人事部長はニコニコしていました。林海は「今の会社は社員に対してなんと薄情だ」と思って、ちょっと気落ちしましたが、自分の困難な経済状況を考えると、契約を結ぶしかなかったのです。「あなたの熟練した運転技術なら、気をつけて運転すれば大丈夫ですよ」と人事部長は横で林海を慰めました。

 

一个月过去了,林海熟悉了自己的线路,等到第一笔工资拿到手时,他说:“我觉得十分幸福。”然而两星期以后,林海驾车去加汽站的路上,和一辆货车相撞。林海伤势严重,被送往了医院,然而巨额的治疗费用,压垮了林海对未来的美好幻想。他向公司反映情况:“我没有存款,我想获得工伤赔偿。”等到的却是公司冷冰冰的回复,公司经理说:“合同中白纸黑字明写着公司对司机的人身损害不承担责任,但我们会给你2000元的慰问金。”

一ヶ月が経って、林海は自分の線路を熟知しました。運転手として初めての給料をもらった時、彼は「とても幸せだ」と話しました。しかし、二週間後、林海は運転してガソリンスタンドに行く途中、あるトラックとぶつかりました。林海は重傷で、病院に運ばれました。巨額の治療費用は、林海の未来への美しい幻想を破りました。「私は預金がありません。ですから、就労負傷の賠償金をもらいたいです」と彼は会社に状況を説明しましたが、会社は薄情に返事しました。社長は「契約書には会社が運転手の人身損害に責任を負わないということがはっきり書いてあるが、会社は2000元の慰問金を与えますよ。」と言いました。

 

对公司的反应,林海早已料到,但是巨额的医疗费用是现实困难。林海抱着尝试的心态向法院起诉公交车公司,公司便以合同中的免责条款作为理由。法院认为免责条款无效,判决公司败诉。林海欣慰地说:“公司没有良心,但是法律有温情!”

会社の反応については、林海はすでに予想出来ていましたが、巨額の医療費用を支払うのは確かに無理でした。そして、林海は試しに法院にバス会社に起訴してみましたが、会社は契約書の免責条項を理由として弁解しました。法院は免責条項は無効だと考え、会社の敗訴だと判決しました。「会社は薄情ですが、法律には温情があります!」林海はかなり安心しました。

 

西门教授说法:

サイモン教授の意見:

 

免责条款是指当事人约定的用以免除或限制其未来合同责任的条款。法律之所以规定本案中公司的人身伤害免责条款无效,是因为它违背了民法和合同法的基本精神,即公平、公正和诚实信用的精神。根据《合同法》的规定,免除造成对方人身伤害、免除因故意或重大过失造成对方财产损失的责任的免责条款无效,但是该免责条款的无效不影响合同其他条款的效力。

免責条項というのは、当事者が定めた、未来の契約責任を免除、制限するための条項である。本案件で、法律が会社の人身損害の免責条項が無効だと規定したのは、この条項は民法と契約法の基本精神、即ち公平、公正と誠実信用の精神に違背していたからである。『契約法』の規定により、相手の人身損害、或は故意、重大過失で相手の財産損失を引き起こした責任を免除する免除条項は無効である。しかし、この免責条項の無効性は契約のほかの条項の効力には影響しない。

 

法律依据:

法律根拠:

 

1,《中华人民共和国合同法》

1.『中華人民共和国契約法』

 

第五十三条 合同中的下列免责条款无效:

第五十三条 契約で、以下の免責条項は無効である:

 

(一)造成对方人身伤害的;

(一)相手の人身損害を引き起こした場合

 

(二)因故意或者重大过失造成对方财产损失的。

(二)故意に、或は重大過失で相手の財産損失を引き起こした場合。

 

作者:马成福

執筆者:馬成福

 

文章提供:AcmeArdent Legal Studioacmeardent.comプロフェッサー・サイモンsimonhkchoi@163.comプロフェッサー・サイモンは、イギリス、香港でのキャリアが長いベテランの弁護士です。北京大学、ロンドン大学及び香港大学法学院を相次いで卒業し、これらの教育背景に基づく中国法及び英米法への深い理解と20年を超える国際投資、金融及びM&Aの経験をもち、現在はAcmeArdent社の創業パートナーを務めています。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。