サイモンが語る:窃盗の疑いがかかった私のことをスーパー側は調べられるの?

(この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。)

西门说法:超市怀疑我偷东西,就能搜查我?

 

关键词:消费者权益;人格权;人身自由;侵权责任

キーワード:消費者の権利、人格権、人身の自由、権利の侵害の責任

 

内容:

ケース:

 

小美是市重点中学的学生,为人彬彬有礼,十分惹人喜爱。一天下午放学刚回到家,妈妈说:“小美回来啦,你在家歇一会儿,我去超市买包盐,今晚给你做鱼吃。”“今晚有鱼吃,真是太好了。妈,您就歇着,小美帮你去买盐,我腿脚比您伶俐多了。”看到女儿这么懂事,妈妈欣慰地说:“也好,那你快去快回。”

美ちゃんは名門校の中学生です。礼儀正しく、みんなに愛されています。ある日の午後、授業が終わり、美ちゃんは家に帰りました。お母さんは「美ちゃん、お帰り。家でくつろいでね。母さんはちょっとスーパーに行って、塩を買ってきますね。晩ご飯は魚だよ」と言いました。「晩ご飯は魚なのね、やった。母さん、私が塩を買いに行くよ」と美ちゃんが言いました。娘がこんなにも優しくて、お母さんも「じゃ、早く買って帰ってきてね」と嬉しそうに言いました。

 

画像引用元:https://jingyan.baidu.com/article/295430f13046e20c7e005017.html

 

小美迈着欢乐的步子向一家大型超市里走去。她到食品区拿好盐后,路过文化用品区,看着琳琅满目的学习用品和书时,她想:“反正也还早,不如自己看看这些东西。”她拿起了一张明信片,仔细地瞧着,然后转头看到几本新书时又欣喜不已。她看到了一支粉色的钢笔,表面十分光洁,她觉得自己很喜欢那支笔,就拿起来仔细地看。“多么漂亮的一支笔啊,我下次买笔就要买这支。”她开心地自言自语。

美ちゃんはスーパーマーケットに向かいました。食料スペースで塩を手にした美ちゃんは、立派な勉強用具や本が並んでいる文房具のスペースを通るとき、「まだ早いし、寄ってみましょう」と思いました。美ちゃんは絵ハガキを手にして、じっくり見ました。そして、今度は新しい本を見つけて、嬉しくなりました。また、ピカピカしているピンクの万年筆を見つけました。美ちゃんはこの万年筆をとても気に入って、じっくり見つめました。「なんて美しい万年筆だ。今度ぜひ買いたい」と嬉しそうに言いました。

 

“喂,你在干什么?是不是偷东西?”突然间一刺耳的声音传了过来。小美吓了一跳,听到自己被怀疑成小偷,她的脸一下子变红了,赶紧说:“我才没有偷东西。”“你没有偷东西,怎么这么心虚?脸都红了!”凶巴巴的超市员工说。“快把偷的东西交出来,你这个小偷!”小美知道自己被冤枉了,十分委屈,但她越激动,就越说不出话来。“我真的没偷,”天真的小美掉下了眼泪。“没偷,你哭什么?我要检查你的口袋和背包,到时候人赃俱获,看你还怎么抵赖!”超市员工说着就要去扯小美的背包,小美吓得赶紧抱住了自己的背包。

「おい、何をしているんだ。万引きしているんじゃないの」と突然耳障りな声がしました。美ちゃんは驚きました。万引き犯だと疑われた美ちゃんは顔が真っ赤になって、「万引きしていませんよ」と言いました。「してないなら、なんでそんなにびくびくしているの。顔も真っ赤になったし。盗んだものを早く出して」とスーパーの従業員が怒って言いました。万引き犯扱いされた美ちゃんは悔しいです。しかし、焦れば焦るほど、言葉が出てきません。「本当にしていないんです」と純真な美ちゃんは泣きながら言いました。「してないなら、なんで泣くの。ポケットとカバンを見せなさい。盗んだものがあったら、言い訳もできないんだからね!」と従業員は言うなり、美ちゃんのカバンを奪おうとします。美ちゃんはびっくりして、自分のカバンを抱きしめました。

 

这时,小美的妈妈突然出现,拉开了超市员工,护住了小美。原来她在家等了很久,一直不见小美回来,就过来看看,恰好碰到这一幕。她生气地说道:“你要是欺负我家小美,我就把你送进警察局!”“呦呵,好一个妈妈,袒护自己的女儿,连是非黑白都不分了。你女儿偷我东西,我现在就要检查她的包!”超市里的人都聚了上来,你一言我一言地,有人说超市有权搜查,有人说没有权利……小美和妈妈这时也十分地困惑……

この時、美ちゃんのお母さんが現れました。お母さんは従業員を引き離し、美ちゃんを守ろうとします。美ちゃんがずっと帰ってこないので、家で待っていたお母さんは様子を見に来ました。するとちょうどこの場面に出くわしたお母さんは「うちの美ちゃんをいじめるなら、警察を呼びますよ」と怒って言いました。「あら、なんて母親なのかしら。自分の娘をかばうために、是非を混同させますね。あんたの娘はものを盗んだから、カバンを調べますよ!」と従業員が言いました。スーパーでは多くの人が集まってきました。スーパー側は調べる権利があるという人もいれば、反対の意見を言う人もいます……美ちゃんとお母さんも大変困っています……

 

西门教授说法:

サイモン教授の意見:

 

公民的人身自由和人格尊严不受侵犯,超市无权搜查小美的身体和携带的物品。我国宪法和法律充分保障了公民和消费者的人格权,根据《消费者权益保护法》和《侵权责任法》的规定,经营者不得对消费者进行侮辱、诽谤,不得搜查消费者的身体及其携带的物品,不得侵犯消费者的人身自由,如果超市员工侵犯公民的人格权,就要承担相应的法律后果。

国民の人身の自由と人格の尊厳は侵害されてはならないです。なので、スーパー側は美ちゃんの身体と所持品を調べる権利はありません。中国の憲法と法律により、国民と消費者の人格権が保障されています。『消費者権益保護法』と『権利の侵害の責任法』によると、消費者に対して、経営者は侮辱や誹謗をしてはならないです。また、消費者の身体や所持品を調べることもできません。消費者の人身の自由を侵害することはできません。もし、スーパーの従業員が国民の人格権を侵害したら、相応の法的責任を負うことになります。

 

法律依据:

法律根拠:

 

《民法总则》

『民法総則』

 

第一百零九条 自然人的人身自由、人格尊严受法律保护。

第109条 自然人の人身の自由、人格の尊厳は法律により保護されている。

 

《消费者权益保护法》

『消費者権益保護法』

 

第二十七条 经营者不得对消费者进行侮辱、诽谤,不得搜查消费者的身体及其携带的物品,不得侵犯消费者的人身自由。

第27条 消費者に対し、経営者は侮辱や誹謗をしてはならない。消費者の身体や所持品を調べてはならない。消費者の人身の自由を侵害してはならない。

 

《侵权责任法》

『権利の侵害の責任法』

 

第二条第一款 侵害民事权益,应当依照本法承担侵权责任。

第2条第1項 民事権利を侵害した場合、当法律により、責任を負う。

 

作者:马成福

執筆者:馬成福

 

文章提供:AcmeArdent Legal Studioacmeardent.comプロフェッサー・サイモンsimonhkchoi@163.comプロフェッサー・サイモンは、イギリス、香港でのキャリアが長いベテランの弁護士です。北京大学、ロンドン大学及び香港大学法学院を相次いで卒業し、これらの教育背景に基づく中国法及び英米法への深い理解と20年を超える国際投資、金融及びM&Aの経験をもち、現在はAcmeArdent社の創業パートナーを務めています。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。