今シェア傘はファションになっている

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

シェア傘は広州、深センなどの地域に普及している。地下鉄駅でも道路側でもシェア傘の姿はよく見られ、中国ならではの特別な風景になっている。皆さんはシェア傘をレンタルしたことがあるのだろうか。

では、どのように使いますか。下記は共有E傘の利用方法を紹介させていただく
まず、共有E傘appをダウンロードしてください。
傘の柄にはパスワードキーがあり、利用者はデポジット(19元)を支払ったうえに、それに、少なくとも9元をリチャージし、QRコードをスキャンし、パスワードを取得して利用することができる。、利用料金は30分で0.5元である。返す時に傘を閉めて費用の計算も中止する。利用者は傘を家に持ち帰っては構わない。しかも、パスポートを家族に伝え、家族も無料で利用できる。利用方法はシェア自転車のとだいたい同じである。
置き場所は一般的に道路側、バス停などの非特定の所である。

画像引用元:http://www.orz520.com/a/science/2017/1115/7031891.html

 

シェア傘は登場して以来、褒められたり叱られたりしたことがある。シェア傘は急に大雨が降るときに、傘を持ていない人にはたいへん助かる。それに、その便利さと低価格も利用者には称賛されていた。しかし、ある意地が悪い利用者はわざわざとロックを破壊し、利用を終わったらゴミのように道路に勝手に捨てる。こうして、他の利用者や都会の管理者にも迷惑をかけるのではないだろうか。このようなことを防ぐために、企業はシェア傘にgps機能を付け、実名制を実行してはどうだろうか。企業はシェア傘への改善はもちろん、個人も自覚的にシェア傘に大事にし、破壊しないでくさい。
今後シェア傘の発展は一体どうなるのか楽しみにしている。

 

梁咏嘉

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。