弊社は三つの社内ブラントにより主に三つの事業を展開しております。

 

ブラント紹介

「Ideaport」ブランド

(主に日本の顧客向け)
・ビジネス通訳及び深セン市(深圳)内アテンド、
・団体視察の手配やコーディネート、
・工場リサーチ等の中国ビジネスのサポート業務を手掛けています。

 

「Ideagear」ブランド

(主に日本顧客向け)
・IoTプロトタイピング(ハードウェア開発)
・試作品の小ロット生産(数百個くらいまで)

 

「TERASU」ブランド

(日本のデザイン会社数社と提携)
(主に中国顧客向け)
・電子製品や小物家電、家具などのメーカー向けのプロダクトデザイン(製品の外観デザイン)のコンサルティング

 

 

事業紹介

中国ビジネスサポート(「Ideaport」ブランド)

  • 深セン(深圳)団体視察サポート

過去実績一覧:http://www.sz289.com/news.html

 

  • 深セン(深圳)先端ITものづくりツアー

詳細はこちらをご覧ください:http://www.sz289.com

 

  • 中国・深セン(深圳)の工場マッチング、ものづくり企業を応援します!

 

  • もう迷わない!深セン(深圳)華強北電気街を楽しむなら、華強北電気街大解剖!

   

 

IoTプロトタイピング (「Ideagear」ブランド)

  • ハードウェア開発

弊社は日本においてIoTプロトタイプ制作や指導、そして多くのコミュニティ活動を行っているベテランエンジニア。専門はIoTで、特にRaspberryPi、Bluetooth、Linux、回路設計を得意としています。

CTO  河野 悦昌

日本においてloTフロトタイフ制作や指導、そして、多くのコミュニティ活動を行っているベテランエンジニア。コミュニティ活動のうち「秘密結社オーフンフォース」で様々な勉強会、「オーフンハードカンファレンス」では各地でオーフンソースハードウェアのイベントを開催。現在は深センに毎月訪問していて、ワークショップなどを開催している。専門は10Tで、特にRaspberryPi, Bluetooth, Linux,回路設計を得意としている。

 

  • 深センIoTプロトタイピング制作ワークショップ

 

 

プロダクトデザインコンサルティング (「TERASU」ブランド)

デザイナーチーム「TERASU」

日本の大手電機メーカーにてプロダクトデザインの研鑽を積んだ勝沼潤氏、倉本仁氏、石橋忠人氏の3人が深セン、香港で活躍する起業家の鈴木陽介をマネジメントに迎え入れ、中国の顧客にクリエイティブサービスを提供するプロジェクト「TERASU」を立ち上げました。TERASUとは、日本語の「照らす」という意味に由来し、様々な事象の中に埋もれている、もしくは気付かれていない重要な価値をデザインの力で見い出し、再定義して提示するという我々のクリエイティブスタンスを簡潔に表現したものです。 Reddot、IF、Gmark、China Good design、DIA など多くの受賞履歴に裏打ちされた独自のデザイン手法を携えて、TERASUは情報通信機器、家電、音響機器、医療機器、家具などのデザイン開発をブランディングとともに提供します。中国の皆さまと一緒にまだ誰も見ぬ価値を照らし出し、一緒に未来の製品開発をしましょう!

 

 

「TERASU」in SZIDF2019(2019年11月3日~5日 深セン第7回国際工業デザイン展

今回の展示会は、デザインチーム「TERASU」としての初のお披露目の場となりました。さらに、勝沼(Kats)氏は今回の展示会期間中に開催されたデザインイベントの審査員を担当させていただきました。ジャパンブースとして出展した我らがデザイナーチームの作品は、より独特なデザインスタイルで注目されており、中国市場から大きな反響を受けておりました。

   

              「TERASU」のブースが大人気でした。