第14回目のご相談 – 大阪(深センビジネス相談室 )

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)

【ご相談日時】2020年10月12日にFBでご相談、その後10月15日 16:00~16:30及び16日14:40~15:00(中国時間)にオンラインで打ち合わせ

【ご相談内容】某賞でグランプリに輝いたアイデアを元に製品化したいのでそのプロトタイプ製作をお願いしたい。

【使用ツール】Zoom→WeChat

【ご相談者様】

K.A.さん

大阪の化粧品会社のマーケティング責任者

【ご相談概要】

あるコンペでグランプリを獲得したアイデアを元に製品化したい。試作品をつくりたいが深センでの試作品製作のコーディネイトや本生産時の企業コーディネイトを仕事として受けてもらうことは可能か?

お手伝いいただけるならNDA(守秘義務契約)を交わしたうえで協力して欲しい。

【対応内容】

弊社は試作品開発からお手伝いできる旨をお伝えしたところ、アイデアの具現化から関わらせていただくことになりました。オンラインで打ち合わせいただいた後にすぐにブレッドボードで動かし、技術的に可能なことをご報告させていただきました。

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。