2019年の新年のご挨拶

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

2016年9月1日に始まったビジネスハブ香港は、本日で丸2年と4ヶ月が経ちました。昨日までに公開した記事は、総計で2,193記事となっております。

 

この記事を書いていて気付きましたが、昨年の1月1日の時点では965記事で、1,000記事すら超えていませんでした。昨年の元旦時点では1日3記事の公開でしたが、昨年一年で3.5記事、4記事、4記事プラスαと増やしてきた結果がそのまま現われています。

 

昨年はビジネスハブ香港のロゴも刷新しました。

 

現状のペースのままでいけば、満3年を待たず、6月末か7月頭頃に3,000記事を達成する見込みです。もちろん、ただ単に記事を公開すれば言い訳ではありません。引き続き質にもこだわりつつ、また副編集長をはじめ、ライターの育成もしつつ、数を増やし、続け参ります。

 

ただ、日々仕事をしている中で、また、この一年での自分や周りの様々な変化を見てきた中で、日増しに続けることの大切さを噛みしめているところです。

 

私自身がこれまで続けられていること自体が、以前までの自分からすると奇跡に近いですが、何とか続けられているのも、協力しているライターや編集者の皆さんや記事の転載にご協力いただいている皆様に対して、途中で投げ出したら申し訳ないという一心と感謝の気持ちで続けてこられたと思っています。

 

いずれにせよ、まずは、3年3,000記事の有言実行に向け引き続き続けて参ります。

 

それでは、今年もビジネスハブ香港を宜しくお願い致します。

 

2019年1月1日

ビジネスハブ香港 編集長

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。