AIoTの影響 スマート化を推進!

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

AIoT とは、人工知能( AI )とモノのインターネット( IoT )を組み合わせた技術、または、同技術を駆使した電子機器や家電製品、ビジョン、コンセプトを指す語です。IoT技術を通じて大量のデータを収集してクラウドとエッジ(端)に保存し、さらにビッグデータ分析及びよりレベルが高い形式であるAI技術を通して、すべてのモノのデータ化、IoT化を実現することができます。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/340005988_120066730

AIoTはウェアラブルデバイス、スマートホーム、スマートシティ、スマート化製造の4つの主要な面に影響を与えます。

1.ウェアラブルデバイス

腕や頭部など、身体に装着して利用することが想定された端末(デバイス)の総称です。スマートウォッチのようなデバイスは、ユーザーの好みや習慣を監視し、追跡し続けます。これは医療技術の分野で応用されているだけでなく、運動とフィットネスにも非常に適しています。

2.スマートホーム

IT(情報技術)を活用して家庭内のエネルギー機器や家電をネットワーク化し、スマートホンや音声アシスタント機能でエアコン操作やドアの施錠などが行える住宅のことです。このような方式はエネルギー効率を高めるという付加的な利点を持っています。

3.スマートシティ

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の先端技術を用いて、基礎インフラと生活インフラ・サービスを効率的に管理・運営し、環境に配慮しながら、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しい都市のことです。現在、スマートシティの革新も時代と共に進んでおり、公共の安全、交通とエネルギー効率の改善に投資して力を入れています。

4.スマート化製造

スマート化とは、情報システムや各種装置に高度な情報処理能力あるいは管理・制御能力を持たせることです。製造業や採鉱業の業界は、デジタル変換を通じて効率を向上させることで人工的なミスを減らしています。リアルタイムのデータ解析や、サプライチェーンセンサーなど、スマート設備は、工場での大きなミスを防止することに役立ちます。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/AIoT/23298459

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

https://www.weblio.jp/content/AIoT

https://iotnews.jp/archives/1218

https://iot.51cto.com/art/202008/623768.htm

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E5%8C%96

筆者:周家令

2020年12月11日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。